もしかして…赤字!?婚活貧乏になったときの対処法とは

「いい人と出会いたい」「結婚したい」と思って婚活をしたのに、婚活にお金をかけすぎて婚活貧乏になってしまっては意味がありませんよね。 そこで、ここでは婚活貧乏になったときの対処法を紹介します。 婚活にお金をかけすぎてしまった方は、ぜひ参考にしてみてください。

婚活貧乏ってなに?

婚活にお金をかけすぎてしまった

婚活は入会費や利用料がかかってしまうため、結婚相手が見つからない限りお金がかかってしまいます。

そのため、長期間いい人が現れず、婚活にお金をかけすぎてしまい婚活貧乏になってしまうのでしょう。

婚活で借金をしている

婚活の入会費で、数十万円かかってしまうことがあります。

そのため、入会しようとしたときに支払えるお金がなくて借金をしてしまい、婚活貧乏になってしまった人がいるでしょう。

婚活をはじめる前に、きちんと貯金をしておいたほうがいいかもしれません。

婚活貧乏になってしまった理由

理由① なんども婚活パーティーに参加した

婚活パーティーには無料で参加できません。

安いものであれば500円、高いものであれば5000円ほどの参加費を支払う必要があります。

そのため、婚活パーティーに参加しすぎてしまうと婚活貧乏になってしまうでしょう。

理由② 長期間婚活をしている

婚活を続けている限り、利用料を支払い続けます。

そのため、長期間婚活をしているとお金がかかってしまい、婚活貧乏になってしまうことがあるでしょう。

利用料を支払うことが難しくなった場合は、一度退会するといいかもしれません。

理由③ 入会費が想像以上に高かった

「入会費は5万円で足りるだろうと思っていたのに、実際は10万円を超えてしまった」など、入会費があまりにも高かったため、婚活貧乏になってしまったのでしょう。

婚活をはじめようと思っているのであれば、入会費を多めにみて貯金するといいかもしれません。

婚活ってどのくらいお金がかかるの?

入会費がかかる

婚活は入会費がかかってしまいます。

婚活サイトやアプリによって入会費が異なるため、入会しようと思っている婚活サイトやアプリの入会費を前もって知っておくといいかもしれません。

そして、入会費を貯金してから入会するようにしましょう。

利用料がかかる

婚活サイトやアプリは、入会費の他に利用料がかかってしまいます。

入会して「毎月利用料を支払う余裕がない」とならないようにするため、利用料の月々の支払いを確保しておかなければいけません。

パーティーの参加費用がかかる

いい人と出会うために、婚活パーティーへ参加をする人がいるでしょう。

婚活サイトやアプリに登録しているからといって、婚活パーティーの参加費用が無料にはなりません。

婚活パーティーに参加しすぎてしまうと、婚活貧乏になってしまいます。

婚活貧乏になったときの対処法

一度退会する

月々の利用料が支払えないくらい婚活貧乏になってしまった場合は、一度退会するといいかもしれません。

退会することで、婚活にお金をかけることがなくなるため、少しは生活に余裕ができるでしょう。

節約をする

婚活サイトやアプリを退会したくないのであれば、節約できるところは節約するようにしましょう。

「食費を2万円に抑える」「携帯代を少なくする」など、節約できるところを節約すれば、婚活貧乏から脱出できるかもしれません。

結婚相手を見つける

婚活貧乏から脱出するのにもっともいい方法は、結婚相手を見つけることです。

「次の婚活パーティーで絶対にいい人を見つける」と心に決めて、結婚相手を探しましょう。

結婚相手さえ見つかれば、婚活サイトやアプリを退会できるはずです。

婚活貧乏にならないように気をつけよう!

「いい人と出会いたい」「結婚したい」と思って婚活を始めたのに、婚活貧乏になってしまっては結婚ができない上にお金もなくなってしまいます。

そのため、婚活貧乏にならないように無理はしないようにしましょう。

「今月はお金がないからパーティーには参加しない」「これ以上お金をかけたくないから次のパーティーで絶対にいい人を見つける」など、お金のことを考慮しながら婚活をしましょう。

関連記事
婚活相手を好きになれない!どうすればいいの?

婚活相手を好きになれない!どうすればいいの?

関連キーワード

おすすめの記事