男女の結婚生活で感じた価値観の違いは?埋める方法

結婚とは、生活をともにすることです。大好きな相手と結婚しても、価値観が合わなければ結婚生活が上手くいかなくなってしまうということもしばしばあります。 男女で感じる価値観の違いもさまざまですから、価値観を埋めるにはまずどこで価値観の違いが発生しているのかを知らなければなりません。 そこで今回は、男女の結婚生活で感じた価値観の違いとそれを埋める方法についてご紹介していきます。

男性が結婚生活で感じた価値観の違い

まずは男性が結婚生活で感じた価値観の違いについてご紹介していきます。男性は女性と暮らすとどんな部分で価値観が違うと感じるのでしょうか。

違い① 仕事

男性が結婚生活で感じた価値観の違いでまず挙げられるのが、仕事です。最近では結婚後も共働きの夫婦が多いですが、一家の大黒柱となるのはまだまだ男性が多いというのも事実です。

家族を養うためと仕事に打ち込む男性に対して、もう少し家族との時間を大切にしてほしいと願う女性との間で価値観の違いが生じるようです。

結婚生活を送るうえで仕事は重要なだけに、お互いの価値観がぶつかってしまうということでしょう。

違い② 金銭感覚

結婚生活を送るうえで大切な価値観といえば、金銭感覚です。結婚後はともに生活をしていかなければならず、生活していくにはお金が必要です。

男性の場合、自分で稼いだお金は好きに使いたいという思いから女性側の価値観と違いが出てくるようです。

生活費にいくら割くか、交際費にいくらまで割けるかなどで意見が分かれてしまうこともしばしばあります。

女性が結婚生活で感じた価値観の違い

では、女性は男性に対して結婚生活でどのような価値観の違いを感じているのでしょうか。続いては、女性が結婚生活で感じた価値観の違いについて具体的にみていきましょう。

違い① 実家や親戚との関係

女性が結婚生活で感じる価値観として、まず挙げられるのが実家や親戚との関係に関する価値観です。結婚後にどの程度旦那の両親と会うのか、子どもを頻繁に会わせに行くのかなど、実家や親戚との付き合い方には価値観の違いが顕著に表れます。

他にも妻は旦那の両親と同居する気がなかったのに旦那が同居したがるなど、実家や親戚関係でトラブルになることは多いようです。

違い② 家事

女性が結婚生活で感じるのは、家事に関する価値観の違いです。夫婦共働きの家庭が多いとはいえ、家事の負担はどちらかというと女性の方が多くなっているのが現状でしょう。

中には、まったく家事を手伝ってくれないという男性もいます。女性からしてみると、少しは家事を手伝ってほしいという思いがあるため、そこで価値観の違いが生じるようです。

結婚生活の価値観の違いを埋める方法

結婚生活で価値観の違いが生じた場合、そのままにしておくわけにはいきません。万が一放置してしまうと、夫婦の間に溝ができてしまいます。

では、男女の間に生じた価値観をどのように埋めていけばよいのでしょうか。

方法① 意見交換

結婚生活において価値観の違いが分かった時、まずしなければならないことは夫婦間で意見交換をするということです。

相手の意見を知らなければ、お互いにどのように感じているのか分からないまま不満だけが募っていくことになります。そうならないためにも、あなたの意見をしっかりと相手に伝えたり、反対に相手の意見を聞いてあげたりすることが重要です。

方法② 妥協点を見つける

夫婦間で意見交換を行った後は、意見のすり合わせをしていくようにしましょう。意見を交換しただけでは解決には繋がりません。

意見のすり合わせをして、お互いが納得できる妥協点を見つけると良いでしょう。

価値観の違う夫婦が幸せな結婚生活を送る方法

価値観の違う夫婦が幸せな結婚生活を送るためには、とにかく片方だけが我慢しないということが大切です。

どちらかの負担が大きくなってしまうと、結婚生活は崩壊してしまいます。しっかりと話し合いをしてお互いが気持ちよく過ごせるようにしましょう。

価値観の違いはしょうがない…!

結婚相手といっても、育った環境も違えば、性別も違うため価値観の違いが生じるのは仕方がないことです。

価値観を一緒にしようとするのではなく、お互いの違いを受けいれられるようになると幸せな結婚生活が送れるようになるでしょう。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事