結婚後に倦怠期になった!その原因と乗り越える方法とは

結婚後に倦怠期になると、「うまくやっていけるのかな」「どうやって乗り越えればいいだろう」と思いますよね。 そこで、ここでは結婚後に倦怠期になった原因と、乗り越える方法を紹介します。 結婚後に倦怠期になった夫婦は、ぜひ参考にしてみてください。

結婚後に倦怠期!その原因とは?

生活リズムが合わない

結婚をして一緒に暮らしているのに、生活リズムが合わなくてすれ違いが生じることで倦怠期になります。

結婚後の倦怠期を乗り越えるためには、生活リズムを合わせる必要があるでしょう。

価値観が合わない

結婚後に価値観の違いを感じて、倦怠期になる夫婦は少なくありません。

「掃除のやり方が気にくわない」「金銭感覚が合わない」など、価値観の違いで倦怠期になったときは、お互いに我慢できることは我慢をして相手に合わせる必要があるでしょう。

手伝ってくれない

仕事や家事・育児を両立するのは大変です。

そのため、パートナーが家事を手伝ってくれなくて、どちらかだけに負担が多いと「何もしてくれなくてムカつく!」「なんで私だけこんなに苦労しなきゃいけないの…」と不満を抱き、倦怠期になります。

結婚後の倦怠期を防ぐには、お互いに協力し合う必要があるでしょう。

カップルの倦怠期とは違う?その特徴とは?

原因が明確にわかる

結婚後の倦怠期は、何が原因で喧嘩をしているのかが明確にわかります。

「パートナーが何も手伝ってくれないから」「金銭感覚が合わなくて喧嘩をするから」など、原因が明確にわかるからこそ、解決方法を見つけやすくて乗り越えることができます。

簡単に別れることができない

ただ付き合っているだけだと、「喧嘩が多いから別れよう」「うまくいかないから別れたい」と思ったときに別れることができますよね。

しかし、結婚後は簡単に別れることができないため、2人で乗り越えるしかないでしょう。

感謝の気持ちを忘れる

結婚生活を続けているうちに、お互いが当たり前の存在になって感謝の気持ちを伝えなくなるでしょう。

感謝の気持ちを伝えないと次第に関係がギクシャクして倦怠期になるため、「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えることが大切です。

夫婦の倦怠期の乗り越え方

乗り越え方① 夫婦で話し合う

結婚後に倦怠期になったときの乗り越え方は、夫婦で話し合って原因を明確にすることです。

夫婦で話し合って倦怠期の原因を明確にすることで、解決方法が見つかるかもしれないため、夫婦で話し合って倦怠期の解決方法を見つけましょう。

乗り越え方② 自由な時間を堪能する

結婚後に倦怠期になったときの乗り越え方は、1人の時間をつくったり友達と遊ぶ時間をつくって自由な時間を堪能することです。

自由な時間を堪能することで、「また明日から頑張ろう」「帰ったら仲直りしよう」と思えるかもしれません。

乗り越え方③ 役割分担をする

どちらかだけに負担が多いと「手伝ってくれないからムカつく」不満を抱いて、喧嘩をする機会が増えるでしょう。

そのため、倦怠期の乗り越え方は夫が食器を洗ったり、食事は妻が用意するなど役割分担をして、喧嘩をする機会を減らすことが大切です。

倦怠期中やってはいけないNGな行動

感情的になる

倦怠期の乗り越え方は、夫婦で感情的にならないように注意して話し合うことです。

感情的になると話し合いがうまく進まず、喧嘩が長引いたり関係が悪化する可能性があるため、倦怠期だからこそ落ち着いて話し合うようにしましょう。

浮気をする

倦怠期のときは、パートナーと関係がうまくいっていないことを理由に「浮気しようかな」と思うことがあるでしょう。

しかし、浮気をすると離婚することになる可能性があるため、絶対に浮気をしないようにしましょう。

倦怠期の乗り越え方で大切なのは、お互いのことを大切に思う気持ちを思い出して、仲直りすることです。

家出をする

倦怠期だと、「一緒にいても喧嘩するだけだから家出したい」と思いますよね。

家出をしてパートナーと話すことを避けていると、いつまでも仲直りできません。

倦怠期の乗り越え方は、家出をせずにパートナーと向き合うことだと言えるでしょう。

倦怠期は結婚後にも訪れる!

結婚をして毎日一緒にいることで、相手の嫌な部分に目がいったり、不満がたまって喧嘩をする回数が増えて倦怠期になることがあります。

倦怠期の乗り越え方を知っていれば、倦怠期を乗り越えられるはずです。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事