復縁したいときに書くと成功する手相&成功した体験談

「復縁したいけど、どうすれば復縁が成功するかな」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか? 今回は、「復縁したいときに書くと成功する手相」と、「成功した体験談」を紹介していきます。 「復縁したい」と思っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

手相を書くってなに!?

復縁したいときに、復縁に効果的な手相がないときは、ガッカリすると思います。

しかし、手相は自分で書いても効果があるため、安心してください。

「手相を自分で書いて、復縁できた」という女性が多いです。

復縁したいときに書くと成功する手相とは

小指の付け根の下

小指の付け根の下に並行している線が2本ある手相は、結婚につながる恋が訪れるという意味があります。

それは同じ相手であることが多く、復縁線とも言われています。

また、2本の線の長さが異なっていて、上の線が下の線より長い場合は、復縁したときのほうが長く続くということを意味しています。

復縁したい相手がいる人は、小指の付け根の下に、並行な線を2本書くといいでしょう。

書くときは、2本の線が並行であること・2本の線の始点がズレているかを注意して書くといいでしょう。

Yのような線のあとについてる線

小指の付け根あたりのYのような線のあとに、線を足すのもおすすめです。

小指の付け根あたりから伸びている、結婚線の先端が二股になっており、Yのような形になっていて、その先に線があると、「今まで縁があった人と再会して、復縁できる」という意味があります。

今まで縁があった人=元恋人とは限らないので、注意してください。

真ん中のひし形の両サイドについている線

結婚線の間にひし形がある、非常に珍しい手相があります。

この手相も復縁線と呼ばれていて、結婚が見守られている・いい結婚ができるという意味があります。

もし、復縁した相手と幸せな結婚をしたい場合は、結婚線の間にひし形を自分で描くといいでしょう。

恋愛線

復縁線に加えて、恋愛線を自分で書くのもおすすめです。

親指の付け根から、感情線に向けて伸びている線を書くことで、恋愛を引き寄せる効果があります。

恋愛線を書くことで、復縁を成功させることができるかもしれません。

手相を書く際の注意点

どちらの手に書けばいいの?

手相に詳しくない人は、「どちらの手に書けばいいの?」と悩む人と思います。

手相は、右手が社会的で後天的なことを表していて、左手が先天的でプラベートなことを表しています。

そのため、右手に手相を書くことで、運命を変えることができます。

復縁をしたいときは、右手に手相を書くことをおすすめします。

書くペンの種類

手相を書くときの注意点は、ペンの種類に気をつけることです。

油性で書いてしまうと、仕事のときにも目立ってしまうし、消したいときに消せないので、ゴールドの水性ペンで書くことをおすすめします。

ゴールドの水性ペンで書くことで目立ちにくく、消したいときにも消せるし、消えてしまっても、また自分で書けばいいだけです。

油性ペンで書くことだけは、避けるようにしましょう。

手相を書いて復縁が成功した体験談

復縁をしたい男性がいたので、占い館で鑑定してもらいました。

手相に復縁線を書けば、復縁が成功する」と、アドバイスをもらいました。

私は、自分で手相を書いても効果があると知らなかったので、半信半疑で毎日手相を書いていたら、約3ヶ月後に本当に復縁が成功しました。

ネットを調べたら、「自分で手相を書いても効果がある」と書いてあったので、試してみようと思って、復縁が成功するといわれる復縁線を自分で書いてみました。

そしたら、本当に復縁に成功して、それから手相を信じるようになりました。

手相に頼ってみるのもアリ…!

復縁したいときに書くと成功する手相と、成功した体験談を紹介しました。

手相は自分で書いても効果があります。

復縁したい人がいるときは、ゴールドの水性ペンで復縁線を書くことで、復縁に成功するかもしれません。

関連記事
東京で当たる手相占いをしよう!おすすめ占い師まとめ

東京で当たる手相占いをしよう!おすすめ占い師まとめ

超初心者向け!簡単にわかる手相占いのやり方

超初心者向け!簡単にわかる手相占いのやり方

手相がよく当たる!大阪でおすすめな占いの館&占い師

手相がよく当たる!大阪でおすすめな占いの館&占い師

関連キーワード

おすすめの記事