学生で結婚するのはデメリットだらけ?対処法は?

学生でも、真剣に交際をしていると「結婚したい」と思いますよね。

しかし、「学生で結婚をするのはよくないかな…」「デメリットはあるの?」と悩んでいる人がいるでしょう。

ここでは、学生で結婚するのはデメリットが多いのかと、対処法を紹介します。

学生で結婚を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

学生で結婚するのはどうなの?

学生で結婚しないほうがいい

学生のときに結婚をしてしまうと、収入が不安定で安定した生活を送れない可能性があります。

結婚をしても安定した生活が送れないと、離婚することになったり、実家で暮らすことになってしまうかもしれません。

また、両親も「学業に専念してほしい」という気持ちから、結婚を猛反対するケースが多いです。

問題がないなら学生結婚もあり

安定した収入を得ることができて両親が学生結婚に反対していないなど、問題がないのであれば結婚をしてもいいでしょう。

学生結婚をするのであれば、家庭も学業もきちんとこなして周りの人に迷惑をかけないようにしましょう。

学生結婚のデメリットまとめ

デメリット① 安定した生活ができない

学生の場合は、ちゃんとした仕事に就くことができないため、収入が不安定で安定した生活ができないというデメリットがあります。

生活費が足りなくなって実家暮らしになってしまうなど、理想の結婚生活ができないかもしれません。

デメリット② 子供といる時間が短い

学生結婚をして子供が生まれたとしても、子供といる時間が短く育児に専念できないというデメリットがあります。

また、授業があるときは子供を誰かに預ける必要があるため、預けられる人がいないと学生のときに子供をつくるのは難しいでしょう。

デメリット③ 離婚する可能性がある

就職をしてもっといい人と出会ってしまうことで、浮気や離婚をする可能性があるというデメリットがあります。

今は「この人以外好きになれない」「絶対に浮気はしない」と思っていても、環境が変わるともっと素敵な人が現れるかもしれません。

学生結婚はデメリットが多い!対処法とは?

結婚をする前に貯金をしておく

学生の場合は収入が安定していないため、結婚をする前に貯金をしておきましょう。

働けなくても貯金でやりくりができるくらいの金額を貯めておけば、学生結婚をしてもお金で困ることはないでしょう。

子づくりは卒業してからにする

学生のときに子供をつくって産んだとしても、育児に専念することができず「もっと子供と一緒にいたいのに…」と辛い思いをしてしまうかもしれません。

そのため、学生結婚をした場合は、子づくりは卒業してからのほうがいいでしょう。

また、子供を育てるのにはお金がかかるため、就職をして収入が安定してからがおすすめです。

相手を愛する気持ちを忘れない

学生結婚をすると卒業して就職し、新たな出会いがあることで他の人に目移りをする可能性があるというデメリットがあります。

他の人に目移りをしてしまい浮気や離婚をしないように、結婚相手のことを愛する気持ちを忘れないようにしましょう。

愛する気持ちさえ忘れなければ、どんなことがあっても乗り越えられるはずです。

デメリットもあるがメリットもある!

将来結婚相手に困らない

学生のうちに結婚をすることで、「30代なのに恋人すらいない…」「いつ結婚できるかわからない」など、将来結婚相手に困ることがないでしょう。

「絶対に結婚したい」「熟年結婚は嫌だ」と思っているのであれば、学生で若いうちに結婚をしておくといいかもしれません。

長く同じ時間を共有できる

社会人になると仕事が忙しくて、朝と夜しか時間を共にすることができないケースが多いですが、学生のときから生活を共にすることで長く同じ時間を共有できます。

夫婦としての思い出が増えるため、2人の絆が深くなるかもしれません。

学生結婚をしている人もたくさんいます!

学生で結婚をしてしまうと、収入が不安定で安定した生活ができないなど、さまざまなデメリットがあります。

しかし、学生で結婚をしている人はいるため、「結婚したい」という気持ちが強いのであれば反対する両親を説得してみましょう。

関連記事
どうしよう…学生で妊娠が発覚した!結婚する?しない?
私たちは大丈夫かな?結婚してもうまくいくカップルの特徴とは
結婚して成功・失敗のその違いとは?それぞれの体験談

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!