高齢出産はリスクだけじゃない!35才をすぎて結婚&妊娠するメリット

35才を超えて、妊娠・出産することを「高齢出産」と言います。 高齢出産だと流産や死産、赤ちゃんの発育に関するリスクが高くなると言われているため、「今から妊娠したら高齢出産になるけど大丈夫かな…」と不安に思いますよね。 そこで、ここでは35才をすぎて結婚と妊娠するメリットを紹介します。 高齢出産に不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

35才をすぎて結婚した場合の将来計画が不安...

妊娠できるか不安

30代になると20代よりも妊娠できる可能性が低くなってしまうため、35才をすぎて結婚をすると「妊娠できるかな」「妊娠できても無事に産めるのかな」と不安に思ってしまいますよね。

妊娠・出産できるか不安だからこそ、35才をすぎて結婚することに抵抗心を抱くことがあるでしょう。

老後が不安

35才で高齢出産をしたとすると、子供が20年になる頃にはあなたは55才になっていますよね。

そのため、「今から妊娠・出産して老後も育児をするのは嫌だな…」「60才をすぎても子供が20才になってなかったらどうしよう」と老後に不安を抱くでしょう。

35才をすぎてからの妊娠はやっぱりリスクだらけ?

高齢出産にリスクはある

流産や死産のリスクが高くなってしまったり、妊娠中は免疫力が低下するため病気になりやすいなど、高齢出産にはリスクがあります。

しかし、「20代に比べて収入が多い」など、高齢出産にはメリットがあることも事実です。

高齢出産だからこそ余裕のある育児ができる

35才をすぎていると、20代に比べて収入が多かったり貯金がたまっているため、余裕がある育児ができる可能性があります。

とくに、子供の学費は何千万円もかかってしまうため、妊娠する前から貯金があったほうがいいでしょう。

リスクだけじゃない!35才をすぎて妊娠をするメリット

お金に困らない

35才をすぎると収入やボーナスが増えるため、専業主婦になれて夫の収入だけで生活できる可能性があります。

オムツ代・ミルク代など、子供を育てるにはお金がかかってしまいますが、35才をすぎて妊娠・出産をするとお金に困らない生活ができるかもしれません。

子供との時間を大切にできる

35才をすぎると周りの人も結婚して子供がいるため遊びに行くことがなくなり、子供と過ごす時間を大切にできるでしょう。

子供に反抗期がきたり親離れをするまでは、子供と過ごす時間を大切にして思い出をたくさんつくるといいかもしれません。

仕事に困らない

就職してすぐ産休や育休を取得してしまうと、職場の人はどれだけ仕事ができるのか判断できなくて「育休明けは簡単な仕事を任せないと…」「育休明けに任せる仕事がない」と困ってしまいます。

しかし、35才まで仕事をして職場の人に仕事ができることが認められれば、「〇〇さんは仕事ができるから育休明けにこの仕事を任せよう!」と思ってもらえて、仕事がなくなることがないでしょう。

もちろん35才をすぎた結婚にもメリットがたくさん

贅沢ができる

結婚式や新婚旅行は決して安くないため、収入が低かったり貯金がないと妥協しなければいけないことがあるでしょう。

しかし、35才をすぎると収入が増えて貯金がたまっているため、結婚式や新婚旅行を妥協することなく贅沢できる可能性があります。

夫婦の時間を大切にできる

周りの人が結婚をしていない時期に結婚してしまうと、「まだ遊びたい」という気持ちから夫婦の時間を大切にできないことがあります。

しかし、35才をすぎて周りの人が結婚をしている状況だと、「遊び相手がいないから家に帰ろう」「これからは家族の時間を大切にしよう」と思えるようになり、夫婦の時間を大切にできるでしょう。

余裕がある子育てができる

「子供にはお金に困らない生活をさせたい」「毎月お金で悩みたくない」と思いますよね。

35才をすぎていると収入が増えて生活が安定しているため、35才をすぎて結婚や出産をすると「夏休みは毎年旅行に行く」「子供の誕生日は盛大にお祝いする」など、余裕がある子育てができる可能性があります。

でもこれだけは頭に入れて。高齢出産のリスク3つ

流産や死産のリスクが上がる

35才をすぎて妊娠・出産をすると、20代に比べて流産や死産のリスクが高くなってしまいます。

また、年齢が高くなるほど卵子が老化してしまい、受精卵の染色体異常が起こってしまう可能性があります。

病気にかかりやすくなる

妊娠中は免疫力が低くなってしまうため、病気になりやすいです。

さらに、高齢出産で免疫力が落ちて感染症に感染してしまうと、お腹の赤ちゃんに影響してしまう可能性があります。

出生前診断を受ける

義務ではありませんが、高齢出産だと受精卵の染色体異常などが起こりやすいため、出生前診断を受けて赤ちゃんに問題がないか診断してもらうといいです。

出生前診断はお金がかかってしまうため、受けることで妊婦検査とは別にお金がかかってしまうでしょう。

関連記事
親になんて言う?妊娠の報告の仕方やベストタイミング

親になんて言う?妊娠の報告の仕方やベストタイミング

妊娠がきっかけのスピード婚は後悔する?幸せになる夫婦とは

妊娠がきっかけのスピード婚は後悔する?幸せになる夫婦とは

関連キーワード

おすすめの記事