私は向いてないの?結婚しないほうがいい人の特徴&理由

結婚はすべての人に向いているというわけではありません。 みんなが結婚しているからという理由で、もしくは親がしろというから結婚しなければいけないと思っているのであれば、今は焦って結婚しないほうがいいかもしれません。 ここでは、結婚しないほうがいい人の理由や特徴、結婚したいと思ったらどうすればいいかなど、結婚に対するいろいろな考え方をご紹介します。

私、結婚しないほうがいいのかな…?

今どき結婚は難しい

昔はみんなが結婚していた時代もありました。地方の農村などでは、年頃の男女が村の長老に順番にマッチングされて事務的に結婚していたところもあったそうです。

現在では考えられないことですが、職業選択の自由が無く、生まれたときから一生が決められていた頃は幸せかどうかはともかく、結婚はできていたようです。

今はそういった結婚の強制システムが無くなりましたので、恋愛結婚が主流となり、引っ込み思案の人は、結婚が難しいようです。

結婚しないほうがいい人の理由

家事が苦手な人はストレスが溜まりやすい

家事分担が当たり前とされる昨今ですが、周囲の話を聞くと、やはりまだ女性が家事をする比率は高いようです。

家事が好きで苦にならない場合は別ですが、共働きなのに夫が協力してくれない、などの理不尽さを感じてしまうとストレスがかかってしまい、離婚の理由になりやすくなりますので、家事が苦手な人は結婚するのに向いていない可能性があります。

結婚するということは家庭を第一に考えること

結婚するということは、家庭という所属先を増やすということになります。ないがしろにしてはいけないものが1つ増えるのです。「仕事が忙しいから家庭は後回し」にできるなどという甘い考えの人は、無理に結婚しないほうがいいでしょう。

むしろ「家庭が大変だから仕事は後回し」にする精神がないと、結婚には向いていないでしょう。外国ではとくに、家庭を優先させない人、もしくは優先させてくれない上司などは、仕事上でも信頼できない人材とされていました。

最近では、日本でも家庭を優先させて仕事を休んだりする人のほうが、信頼性が高くなってきました。休みを取りやすいような大企業に勤めたり、人生をコントロールする能力の高い人という、バックグラウンドの信頼性が重視されてきたのかもしれません。家庭を優先させるほどの能力がない人は、無理に結婚しないほうがいいかもしれません。

結婚しないほうがいい人の特徴

他にやりたいことがある

家庭を持つことより、他に集中したいことがあったり、自分の予定を誰にも邪魔されたくないという場合、結婚しないほうがいい理由になります。

結婚すると、どうしても家族と会話しなければならず、考え事を邪魔されたり、大事な作業を邪魔されたりします。また、子どもなどがいると、学校で流行っている病気を移されたり、都合の悪いことが増えますので、家庭の優先順位が低い人は結婚しないほうがいいでしょう。

金銭感覚を他人に合わせられない

家庭があるのにも関わらず、お給料を1日で使い切るような人は、結婚しないほうがいいでしょう。共働きでも問題ですが、一家の大黒柱ですとなおさらです。生活費を渡さない場合、悪意の遺棄となり正当な離婚理由になります。

また、度を越した浪費グセは、婚姻を継続し難い重大な事由となりますので、結婚しないほうがいい理由になります。

すぐ浮気してしまう

結婚してもすぐ浮気をするという人は、結婚しないほうがいいでしょう。全方位的に迷惑です。

結婚は、他の異性と性的関係を持たないという契約を結ぶことですので、浮気は契約破棄とみなされ、離婚の正当な理由になります。

結婚相手を愛しているにもかかわらず、なぜか浮気をしてしまう場合は、病気または先天性の疾患の場合もありますので、病院で診てもらったほうがいいかもしれません。

仕事第一で動いてしまう

仕事が忙し過ぎる場合、結婚しないほうがいいかもしれません。どうしても結婚したい場合は、生活できる余裕が確保された業種に転職するか、結婚相手に家庭の一切を任せられる人を選ぶなど、調整が必要になるでしょう。

自分がキャパオーバーの仕事をしているからといって、相手にも過度の期待を押し付けると離婚に繋がります。自分の限界に挑戦するのは勝手ですが、相手は普通の家庭生活を送れるように配慮すべきです。

結婚したいと思ったらどうすればいい?

転職する

仕事が忙しいという理由で結婚できない場合、転職するという方法もあります。憧れの仕事で手放したくないという場合は、結婚年齢ギリギリまでやってみて、転職してから婚活するといいでしょう。

忙し過ぎる仕事は、体力的に限界を迎えるのが早く、結婚前に精神を病んだり、体調を崩してしまうと、結婚できる可能性が著しく低下してしまうので、体調管理に気をつけましょう。

財布を相手に預ける

どうしても金銭感覚が直せないが結婚したいという場合、結婚相手に財布を預けるといいかもしれません。

ただし、結婚相手に金銭の管理を任せきりにして、自分の浪費癖を治す努力をしないと、いざというときに財布を任されて散財してしまう危険性があります。浪費癖は正当な離婚理由になりますので、一時の気の緩みに流されないよう、注意しましょう。

心を入れ替える

浮気は離婚の正当な理由になりますので、心を入れ替えて誠実に結婚に向き合いましょう。

どうして自分は浮気してしまうのかよく考え、浮気しやすい場所に近づかないなど、工夫しつつ結婚相手の気持ちを常に考えて行動するといいかもしれません。

結婚を決めるときは後悔しないように判断しよう!

結婚に向いていないからという理由だけで、一生結婚できないと決めつけるのは良くありません。

人生は長く、今大事にしているものも変わる場合があります。また精神的に成長して考え方も変わる可能性があるので、気を楽に持ちましょう。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事