マッチングアプリでドタキャンをされたら脈なし確定?心理と対処方法

マッチングアプリで、ドタキャンされることはよくある話です。 しかし、連絡なしの状態が始まりその後は思った通り当日にドタキャン......と、実際に自分がドタキャンされる経験をすると、とてもつらいですよね。 この記事では、デートをドタキャンする心理と、ドタキャンをされてしまったときの対処方法についてを紹介していきます。 体験談とあわせてドタキャンの対処法を解説していきます。ぜひ参考にしてください。

マッチングアプリでデートをドタキャンされた人っている?

マッチングアプリのドタキャンはよくあること!

マッチングアプリでドタキャンをされて、つらく感じている人は多いでしょう。

約束を破ってドタキャンをするのは、あまりに失礼な話であり「許せない!なんで私がドタキャンされなければいけないの…」と、落ち込んでも無理はありません。

ただ、マッチングアプリでドタキャンをされることはよくある話であり、利用しているほとんどの人は、一度はドタキャンをされた経験があると言われるほどなのです。

ドタキャンをされると自分に自信が持てなくなると思いますが、あなただけがドタキャンをされているわけではありません

ドタキャンをされたとしても気にしすぎずに、素敵な出会いを見つけましょう。

マッチングアプリでドタキャンをされた人の体験談

マッチングアプリでドタキャンをされた経験がある人は、あなた1人ではありません。

たくさんの人がドタキャンをされながらも、素敵な人との出会いを果たしています。

ここでは、マッチングアプリでドタキャンをされた人の体験談を読んでみましょう。

ドタキャンをされた女性の口コミ

マッチングアプリで出会った男性とデートの約束をしたのですが、次第に連絡が取れなくなって、結果的に当日ドタキャンをされました。

当日に連絡はなく、その後も音信不通でしたので本当にショックでした。

ただ、ドタキャンするような男性と付き合いたくないので、早めに酷い人とわかってよかったと思うようにしています。

マッチングアプリで、初デート当日にドタキャンをされました。

急な仕事が入ったと言われたので仕方がありませんでしたが、徐々に連絡が少なくなり、結果的に疎遠になってしまいました。

今考えれば、本当に仕事だったのかと思ってしまいますね。

縁がなかったと思って、ほかの方を探しています。

ドタキャンをされた男性の口コミ

マッチングアプリで出会った女性から、ドタキャンをされた回数は数えきれません。

はじめてドタキャンをされたときはショックでしたが、マッチングアプリはドタキャンをされるものと考えることで、不安はなくなりました。

これまでにドタキャンをされた女性の多くは、デート当日まで連絡があるのですが、待ち合わせ時間の少し前から音信不通になりますね。

女性側からデートの誘いがあったのに、平気でドタキャンをされました。

思い返せば、ネガティブな発言が多く、自分に自信がない女性だったと思います。

会うことに緊張したのか、恥ずかしくなったのか…

理由はわかりませんが、ドタキャンをされると悲しいですね。

急に連絡なし、日程変更で音信不通...実際にあったドタキャンの事例

マッチングアプリでドタキャンをされた男女の体験談を紹介しましたが、多くの人がドタキャンをされているようです。

ただ、ドタキャンのされ方は、人によって異なります。

ここでは、実際にあったドタキャンの事例を見てみましょう。

事例1:ギリギリまで連絡があるものの当日にドタキャン

ドタキャンをする女性に見られるのですが、デート当日や待ち合わせ時間ギリギリまで連絡があるものの、結果的にドタキャンをされるケースです。

待ち合わせ場所に現れず、その後に連絡なしの状態になってしまいます。

会えることを楽しみにしていた相手にとっては、とても辛い出来事でしょう。

事例2:日程変更からの音信不通

仕事や急用を理由にデートの日程変更をしつつも、その後に連絡なしとなるケースも多いです。

ただ、本当は仕事や急用ではなく、会いたくなくなったり、ほかに気になる人がいたりと、別に理由があると考えられます。

日程変更まで提案されての音信不通は、少し寂しい気持ちがしますね。

事例3:数日前から連絡が取れなくなってからのドタキャン

男女ともに見られるドタキャンの仕方が、徐々に連絡が取れなくなってからの当日にドタキャンをするのパターンです。

いい雰囲気で連絡のやり取りをしていたものの、少しずつ返信が遅くなり、最終的にはデート当日までに完全に連絡がつかなくなるのです。

もちろん、デートの待ち合わせ場所に現れることはありません。

ただ、あらかじめ連絡が取れなくなっているため「きっとドタキャンするだろうな」と予測できることから、さほどショックを受けることはないようです。

マッチングアプリでドタキャンをする心理、理由

マッチングアプリで、より自分の理想に近い相手と出会いたい気持ちはわかります。

ただ、どんな理由があったとしても、ドタキャンをすれば印象が悪くなるとわかっているはずです。

そこで今度は、マッチングアプリでドタキャンをする人の心理や理由について見てみましょう。

ドタキャンする心理1:会うのが面倒になった

会うことが面倒になって、ドタキャンする人は多いです。

連絡を取り合うなかで、

「この人はめんどくさそうだな」
「思っていた人と少し違うな」

と、感じたのかもしれません。

徐々に連絡を減らして会いたくない気持ちを匂わせる人がいれば、突然の連絡なしからドタキャンをする人がいます。

ドタキャンする心理2:会うのが怖くなった

直接会ってみなければ、相手の性格や2人の相性を知ることができません。

もちろん、恋人として付き合うこともできないでしょう。

ただ、初対面の人と会うのは怖いですよね。

ましてや、詐欺やヤリモクのイメージが強い出会い系マッチングアプリで出会ったわけですから「本当に騙されたりしないかな…」と、不安を感じても仕方がありません。

実際に「会いたいけど会うのが怖くなった…」という理由で、連絡なしのドタキャンをする人は多いです。

ドタキャンする心理3:ほかにいい人が見つかった

会う約束をしたものの、ほかにいい人が見つかったことによって、ドタキャンをする人がいます。

結論をいえば、その人にとって脈なしだったわけであり、会って期待を持たせたくなかったり、そもそも会う必要性を感じなくてドタキャンをしてしまうようです。

ほかにいい人がいたり、脈なしでドタキャンをされる場合は、徐々に連絡が少なくなる傾向が見られます。

脈ありのドタキャンはある?

日程変更ありのドタキャンの場合は脈ありの可能性が高い!

マッチングアプリでドタキャンをされると、やっぱり辛い気持ちになりますよね。

ただ、必ずしも悪いことばかりではなく、デートをドタキャンされたものの、きちんと日程変更をしてくれる場合は脈ありの可能性が考えられます。

また、日程変更を伝えたあとに連絡をしてくれるのであれば、より高い確率で脈ありと言えるでしょう。

急な仕事や用事、体調不良といったドタキャンの理由は真実であるため、誠実に向き合ってくれる素敵な方と思われます。

「ドタキャンする人とは会いたくない!」と決めつけずに、次に会える日を楽しみに待っておきましょう。

マッチングアプリでドタキャンをしやすい相手の傾向

マッチングアプリでドタキャンをする心理や理由について解説してきました。

実は、マッチングアプリでドタキャンをする人は、ある共通した傾向があります。

ここでは、マッチングアプリでドタキャンをしやすい人の傾向を紹介しますので、ドタキャンを回避するためにチェックをしてみましょう。

ドタキャンをしやすい相手の傾向1:プロフィール欄をきちんと書いていない

マッチングアプリにはプロフィール欄があるのですが、ドタキャンをしやすい人ほどプロフィール欄をきちんと書かない傾向があります。

約束を守ることができない時点で、何事にもルーズな性格をしていると考えられますので、プロフィール欄を書くことがめんどくさいのでしょう。

また、なかには、ドタキャンありきでマッチングアプリを利用している人がおり、個人の特定を防ぐ目的で、あえて明確なプロフィールを書かない場合もあるようです。

プロフィール欄がきちんと書かれていない人は、ドタキャンをする可能性があると考えておくといいかもしれません。

ドタキャンをしやすい相手の傾向2:連絡の頻度にばらつきがある

ドタキャンをする人は、連絡の頻度にばらつきが見られます

頻繁に連絡をしてくれると思いきやピタリと連絡が止まったり、数日置きにしか返信をしてくれなかったりと、スムーズに連絡を取り合うことができないのです。

同時進行でほかの人と連絡を取り合っている人や、自信がなく不安な気持ちから連絡できない人など理由はさまざまです。

ただ、いずれにしても連絡にばらつきがある人は、デート当日にドタキャンをする確率が高いと言われています。

ドタキャンしやすい相手の傾向3:デートプランを決めない

初めて会う相手なわけですから、どこへ行くのか、何をするのかについて、事前に決めるはずです。

ただ、ドタキャンをする人は、会う日や待ち合わせ場所以外に、具体的なデートプランを決めようとしません

社交辞令的に会う約束をしているだけなので、ほかにいい人がいたり、会うことが面倒くさいと思えば、平気でドタキャンをするのです。

「会いたいと言う割に何もプランを決めてくれないな」と思う人であれば、ドタキャンの可能性を考えておきましょう。

マッチングアプリでドタキャンをされてしまったときの対処方法

これまで、マッチングアプリのドタキャン率が高いことを伝えてきていますが、だからといってドタキャンをされて何も思わないわけではありませんよね。

そこで今度は、マッチングアプリでドタキャンをされたときのベストな対処法を見てみましょう。

対処法1:残念な気持ちを伝える

ドタキャンをされて辛いと感じるのであれば、1人で抱え込まずに「お会いしたかったので残念です」と、自分の気持ちを伝えましょう。

事情があってドタキャンをした場合であれば、あなたの残念な気持ちを知って、日程変更をしてくれる可能性があります。

ただ、残念な気持ちを伝えるときは、ドタキャンした相手を責めずに優しく伝えることが大切です。

ドタキャンをされた残念な気持ちを伝えることで、相手と会える可能性を残したり、ドタキャンした相手に罪悪感を持たせることができるでしょう。

対処法2:時間をあけてからデートに誘ってみる

ドタキャンをされたものの、簡単に諦めることができない人がいると思います。

もし「一度でいいから会ってみたい」と思うのであれば、時間を空けてから、もう一度デートに誘ってみてください

事情があってドタキャンした相手であれば、日程変更後に会ってくれる可能性があります。

ただ、もう一度デートに誘ったものの連絡なしの場合であれば、きちんと諦めて次に進むべきです。

自分の気持ちにけじめを付ける意味でも、再トライは1つの方法です。

対処法3:諦めて別の相手を探す

連絡なしでドタキャンをされた場合は、あなたに脈なしと考えられます。

簡単に諦めることができないかもしれませんが、脈なしの相手にしつこく連絡をしたり、デートに誘ってしまえば、余計に印象が悪くなってしまうでしょう。

「脈なしだから仕方ない」と諦めて、新しい出会いを探してみてください

案外、すんなりと気持ちを切り替えることができますので、素敵な人と出会うことができるはずです。

約束したデートのドタキャンを防ぐ3つの対策

マッチングアプリでデートの約束をした以上は、ドタキャンを防ぎたいですよね。

ただ「きっと会える」と思っていても、ドタキャンをされる可能性があります。

そこで今度は、約束したデートのドタキャンを防ぐ3つの方法を見てみましょう。

以下の方法で対策をすれば、約束通りにデートをすることができるはずです。

ドタキャンを防ぐ対策1:早めにデートの予定を立てる

「今度会いましょう!」と、会う約束をしたときは、お互いに会いたい気持ちが高まっている状態です。

気持ちが冷める前にデートプランを話し合って、どんどん会いたい気持ちを高めましょう。

デートプランを立てるなかで、相手に楽しいデートを想像させることができれば、不安や面倒といったマイナスな感情を持たれることはないでしょう。

ドタキャンを防ぐ対策2:LINEや電話番号の交換をしておく

マッチングアプリ内でメッセージのやり取りをする人が多いと思いますが、デートの約束をするのであれば、LINEや電話番号の交換をしておきましょう。

個人的な連絡先を交換することによって、他人ではなく知人に近い存在と認識させる効果があるため「ドタキャンしてはいけない」と、思ってもらえるのです。

個人的な連絡先の効果が不安に感じるかもしれませんが、相手の心理面からドタキャンを防ぐ効果の高いテクニックですので、相手との関係を進展させるために必要なことだと考えましょう。

ドタキャンを防ぐ対策3:電話やテレビ電話で連絡を取り合う

LINEや電話番号の交換をしたのであれば、デート当日までに電話やテレビ電話で連絡を取り合いましょう

相手の顔や生の声を聞くことによって、お互いのことが詳しくわかり、親近感を持つことができるますので「会いたい」と、思わせることができます。

プロフィール内容や、文字だけのメッセージでは伝わらない本当の自分を知ってもらえれば、きっと会うことができるでしょう。

ドタキャンのリスクをさらに下げるコツ

マッチングアプリでのドタキャンを防ぐためには、ドタキャンされるリスクを下げることが必要です。

どうすればドタキャンのリスクが下がるかについて、以下の2つを見てみましょう。

ドタキャンのリスクを下げるコツ1:デート前日に最終確認をする

前もってデートの約束をしたからといって、安心してはいけません。

ドタキャンをする人は、待ち合わせ時間のギリギリまで連絡を取り合っていてもドタキャンをすることがあります。

しつこいと思えるかもしれませんが、デート前日に「明日はお会いできることを楽しみにしているのでよろしくお願いします。ちなみに、お時間の都合は大丈夫ですか?」と、最終確認をしておきましょう。

また、できるだけ待ち合わせ時間のギリギリまで「ドキドキしてきました!」などと、LINEでやり取りをしておけば、相手にデートの意識を持たせることができますので、ドタキャンされるリスクを下げることができるはずです。

ドタキャンのリスクを下げるコツ2:デート当日までにお互いの写真を送りあっておく

初対面の人とデートをするのであれば「可愛い人やイケメンとデートしたい」と思うのが人の心理です。

実際に、デートの待ち合わせ場所まで行ったものの「想像していた見た目と違う」という理由で、ドタキャンする人が多いといいます。

電話やLINEでのやり取りだけでは、相手の見た目まで判断できませんので、デート当日までに自分のベストショットを動画や写真でを送って、見た目から興味を持ってもらいましょう。

とても単純な方法ではありますが、ドタキャン率を下げる最も効果が高いやり方です。

出会いの可能性が高いおすすめのマッチングアプリ

せっかくマッチングアプリを利用していても、ドタキャンをされてしまえば利用する意味がありませんよね。

ここでは、出会いの可能性が高いおすすめのマッチングアプリを紹介します。

「ドタキャンをされてばかりで出会いがない」と悩んでいる方は、マッチングアプリの乗り換えも考えてみましょう。

おすすめのマッチングアプリ1:Pairs(ペアーズ)

数あるマッチングアプリのなかでも、利用者数No.1と言われているPairs(ペアーズ)は、出会える確率が高いと大人気です。

20代~30代の男女の利用が多く、本気で恋活・婚活をしている方がたくさんいます。

また、年齢・身長・居住地から相手を探す機能や、趣味や興味があることから相手を見つけるコミュニティ機能など、マッチングを成功させるためのサポートが充実しています。

また、セキュリティ面も万全であり、実名が知られることがなければ、フェイスブックなどのSNSに連動されることもなく、24時間365日の不正を監視する体制が整えられています。

マッチングアプリ最大手のParisであれば、理想の相手と出会うことができるでしょう。


出典:www.pairs.lv

Pairs(ペアーズ) 公式サイト

おすすめのマッチングアプリ2:tapple(タップル)

人気急上昇中のマッチングアプリが、tapple(タップル)です。

見た目や職業から恋人探しができますが、趣味や興味があることから異性と出会うことができますので、会話が弾みやすくドタキャン率が低いことで知られています。

また、共通の趣味がある相手だからこそ、出会ってすぐに交際に発展するケースが多いようです。

ニックネームでの利用や、年齢確認が必須なので、不正やトラブルに巻き込まれる心配がなく、24時間365日の監視体制が整っていますので、安心して利用することができるでしょう。


出典:tapple.me

tapple(タップル) 公式サイト

ドタキャンの対処法を覚えて素敵な出会いを...!

マッチングアプリでドタキャンをする心理や、ドタキャンをされたときの対処法を中心に紹介しました。

マッチングアプリのドタキャン率は高く、連絡なしや日程変更など、ドタキャンの仕方もさまざまです。

ただ、ドタキャンをされたからといって、必ずしも脈ありというわけではありません。

ドタキャンの対処法を理解してマッチングアプリを利用すれば、素敵な人と出会う確率を上げることができるでしょう。

マッチングアプリを利用している方は、素敵な出会いを見つけてくださいね。

関連記事
マッチングアプリには浮気男が多い!?騙されないようにするには?

マッチングアプリには浮気男が多い!?騙されないようにするには?

マッチングアプリの彼と初デート!どこ行く?注意点は?

マッチングアプリの彼と初デート!どこ行く?注意点は?

彼女がいるのにマッチングアプリ!?危険な男を見抜く方法

彼女がいるのにマッチングアプリ!?危険な男を見抜く方法

関連キーワード

おすすめの記事