見た目は可愛いのに...モテない残念女子の特徴

ウラッテ編集部

2017年11月10日更新

見た目は可愛いのになぜかモテない残念女子があなたの周りにもいるのではないでしょうか。いや、あなたの周りどころかあなた自身がその残念女子かもしれません。

見た目が可愛いというのは強力な武器には違いないですが、かえってマイナスになってモテない残念女子になってしまうことがあります。

今回はそんな残念女子の特徴についてご紹介します。

残念女子に対する男性の意見

見た目は可愛いかったりキレイなのに、なぜかモテないのが残念女子です。決して少なくありません。

見た目が完璧なのに、それでもモテない残念女子は余計に残念です。残念女子には共通の特徴があります。

なぜモテないのか本人としては不思議に思っているかもしれませんが、残念女子に対する男性の意見は厳しいです。厳しいというより、素直な意見と言えるでしょう。

残念女子に対する男性の意見として多いものをいくつかご紹介します。


ギャップが残念

見た目が可愛いほど、実は残念女子だとわかったときのギャップが大きくて残念な気持ちになるという意見が多いです。残念女子の特徴がこのギャップの大きさです。

第一印象は見た目から入るのが普通です。見た目よりも内面が重要だとしても、やはり残念だな…とショックを受けるようです。

最初は好きでもすぐに嫌いになる

見た目が可愛ければ、すぐに好きになってしまうこともあります。

しかし可愛いからと付き合ってみると、言葉遣いが悪いとかマナーが悪いとか人に不快感を平気で与える残念女子だと判明すると、すぐに嫌いになってしまうというのが男性の意見です。

最初は見た目で好きになっても、正体が残念女子ではすぐに嫌われます。見た目の良さは内面が伴ってこそ。いくら見た目だけ良くても、中身が残念女子ではすぐにメッキが剥がれます。

残念女子の特徴【言葉遣い編】

残念女子には、残念女子と言われるだけの特徴があります。残念女子の特徴は「言葉遣い」「行動」「身だしなみ」の残念さがあります。

まずは、残念女子の「言葉遣い」の特徴を見てみましょう。


言葉遣いが汚い

残念女子は言葉遣いが汚いことが多いです。いくら可愛くても口から出る言葉が汚かったら、それだけで男性は幻滅します。

汚い言葉遣いがちょっと可愛く見えたとしても、それは最初だけです。すぐに嫌われてしまいます。

初対面でタメ口

学生で同年代であればまだしも、社会人にもなって初対面でタメ口だとまともな口の利き方を知らないと思われてしまいます。

タメ口であることで親しみを感じることもありますが、それはある程度打ち解け合ってからの話です。いきなりタメ口では残念女子だと思われてしまいます。

正しい言葉が使えない

正しい言葉が使えないというのは、見た目が可愛くてもダメダメです。

最近の若者はすぐに略したり、新たに作られた若者言葉を使いがち…。いくら敬語を混ぜて使っていても、正しい言葉ではないので残念だなと思われてしまいます。

残念女子の特徴【行動編】

残念女子は行動面でも残念なのが特徴です。行動面での特徴を見てみましょう。

食べ方が汚い

食べ方が汚いのが残念女子の特徴です。一緒に食事をしていて食べ方が汚いと、それだけで男性は幻滅します。

見た目が可愛いだけに、その残念女子感がより大きくなります。食べ方が汚い女性をお洒落なレストランに連れて行こうなんて、男性は思いません。


マナーが悪い

マナーの悪さも残念女子の特徴です。マナーの悪さというのは、いろいろな場面で出てしまいます。外でゴミをポイ捨てしたり、公共の場でのマナーが守れないなど…。

可愛いくてもマナーが悪ければ、それだけで男性に引かれます。一般的に女性の方がマナーの点で男性よりもはるかに良いのが普通です。

それが男性が引くようなマナーの悪さだったら、男性でマナーが悪いことよりもマイナスです。

他人の悪口が多い

話をしていて、他人の悪口が多いのも残念女子の特徴です。他人の悪口をまったく言わない人間も逆に信用できないところがありますが、これは程度問題です。

悪口がやたらと多ければ、可愛いだけに大きなマイナスになります。

残念女子の特徴【身だしなみ編】

身だしなみが悪いことも残念女子の特徴です。可愛いということは身だしなみが良ければ引き立ちます。

にもかかわらず、わざわざ自分で損をしているのが残念女子です。身だしなみが悪い残念女子の特徴を見てみましょう。


ファッションセンスが悪い

残念女子はファッションセンスがないです。ファッションセンスがないから残念女子になるのか、残念女子だからファッションセンスがないのかは不明ですが引かれてしまいます。

男性にモテるファッションを雑誌やネットで勉強しましょう。

化粧が下手

化粧が下手なのも残念女子の特徴です。もともとが可愛ければ化粧が上手そうですが、残念女子は化粧が下手で損しています。

女性は化粧の上手い下手でかなり違って見えます。その化粧が下手な残念女子は本来の良さを活かせないわけですから、もったいないです。

清潔感がない

残念女子は清潔感がないのも特徴です。女性で清潔感が欠けるというのはかなり致命的です。

部屋が汚い、手を洗わない、カバンの中身がぐちゃぐちゃ…などは残念女子の特徴です。そのようなだらしない生活態度は隠そうとしても滲み出てくるものです。

困ったときの対処方法

見た目がせっかく可愛い、キレイなのにモテないことで困っているときの対処法をご紹介します。

残念女子の特徴は自分が残念女子であることに気づかないこと…。モテないことに違和感を感じて困っているのなら、まだまだ救いがあります。


自分が残念女子であることを自覚する

モテない残念女子の大きな特徴は、自分が残念女子であることを自覚できないことです。

残念女子であることの自覚がなければ、残念女子からの脱却も不可能というものです。前記の残念女子の特徴があるなら、残念女子である可能性が高いです。

それらの特徴があるのではないかと疑問を持ったのなら、自分は残念女子なんだと自覚しましょう。この自覚ができるかどうかが残念女子から脱却できるかの分岐点になります。

残念女子の特徴を持っていながら、自分が残念女子であることにいつまでも自覚できないのであれば、いつまで経っても残念女子から脱却できません。

アドバイスを素直に受け入れる

自分にはもしかしたら、残念女子の特徴があるのではないかと疑問に思ったとしても、どこがどう残念女子の特徴なのかが自分では案外わからないものです。

ここが残念女子からの脱却を難しくしているところ…。これを解決するために、友達や周りの人からアドバイスをしてもらいましょう。

自分でどこが残念女子なのかがわかっていれば、もっと早く解決できたでしょうがそうはならないのが人間の難しいところです。

残念女子であることは自分で気づくとは限りません。友達や周りの男性から指摘されて気づくこともあるでしょう。付き合っている男性に振られることで気づくことになるかもしれません。

友達や周りからのアドバイスを素直に受け入れましょう。

残念女子から脱却するために行動する

自分に残念女子の特徴があることを自覚できたなら、残念女子から脱却するために行動しましょう。チェックポイントは上述した、「言葉遣い」「行動」「身だしなみ」です。

自分がそれらの点でどのように残念な特徴を持っているかを自分で客観的に考えるだけでなく、友達や家族の意見を聞いてみましょう。予想以上に的を得たアドバイスをしてくれるかもしれません。

自分が周りの人たちからどのような残念女子だと思われているかにショックを受けるかもしれませんが、そこで落ち込んでしまってはいけません。

周りの目というのは案外本質を突いています。それらの意見を聞けば、自分でも残念女子と言われるだけの特徴に思い当たることになるでしょう。

それらの気づきと周りの意見を参考にして、具体的に残念女子から脱却するために行動しましょう。行動しなければいつまでも残念女子の特徴がそのままです。行動あってこそ、残念女子から脱却できます。


さいごに

せっかく見た目が可愛い、キレイなのにモテない残念女子の特徴についてご紹介しました。ご自身にも思い当たるところがあるなら、すぐに改善することをおすすめします。

見た目が可愛いというのはモテるための大きな武器ですが、それだけ相手に中身も素晴らしいに違いないと期待させてしまいます。その期待が大きいだけに、期待が裏切られたときの反動が大きいのです。

残念女子の特徴はその期待を裏切ることで、さらに苦しむはめになることです。残念女子にならないように、また今の時点で残念女子の特徴を持っているならばすぐに改善して、残念女子から脱却しましょう。


最新記事をいち早くお届け!
友だち追加数

この記事が気に入ったらいいね!してね

恋や仕事がうまく行く最新情報をお届けします

ウラッテをLINEで友だち追加

関連キーワード