「浮気相手に連絡したい...」頻度が減って不安なときの対処法

浮気相手をいかに好きだとしても、どこまで行っても浮気は浮気です。本命の彼女ほどの安定性はありません。

それがわかっているので、浮気相手からの連絡が減ると不安になることが少なくありません。

しかし、いくら不安だとしても、やたらと自分から連絡するのはよろしくありません。

浮気相手との連絡頻度が減った不安なときの対処法についてご紹介しましょう。

浮気相手からの連絡が減ってきて不安...どうすればいい?

浮気相手からの連絡が減ると不安になる気持ちは自然ではありますが、本来やるべき行動の逆をしている女性が多いです。当然ながら逆効果になって、さらに状況が悪化してしまいます。

ここではまず、浮気相手からの連絡が減った場合にどうすればいいかについてご紹介しましょう。

連絡が来るまで待つ

連絡が減ると焦って、自分からたくさん連絡してしまうことが多いですが、必要以上に連絡しても逆効果ですので、連絡が来るまで待つようにしましょう。

浮気相手としたら、「連絡しなくても勝手に連絡してくるから大丈夫だ」と油断している可能性が高いです。この場合、頻繁に連絡するよりも、待っているだけの方が効果的です。

確認のための連絡をしてみる

しかし、そうは言っても永久に待つだけというわけにもいきません。

頃合いを見計らって、確認のために簡単な連絡をしてみましょう。文面としては、「連絡がないけど、どうかしたの?」ぐらいで十分です。

それでしばらくまた様子を見るようにします。連絡したい気持ち満々なのを抑えるのが難しいところですが、ここが我慢のしどころです。

別れてもいいと覚悟する

このパターンをしばらく続けていても、明らかに浮気相手から何の反応もないならば、残念ながらそのご縁は終わったと覚悟しましょう。

別れてもいいと覚悟をすると、不思議と浮気相手から連絡があったりするものです。そこからまた二人の関係を再構築してみましょう。

浮気相手からの連絡が減った原因

浮気相手からの連絡が減った原因にもいろいろ考えられますが、代表的なものとしては次の理由が考えられます。

興味がなくなった

愛情が冷めてしまったなどの理由で興味がなくなっていれば、必然的に連絡が減ってきます。浮気相手にしても連絡したい気持ちが減れば、連絡する理由がなくなってしまいます。

浮気がばれた

浮気相手の本命の彼女や奥さんに、浮気がばれた場合も連絡が格段に減ります。本当は連絡したいとしても、彼女や奥さんの監視の中では困難になっているパターンです。

ブロックしたり、友達一覧から消去させられている可能性もあり、あなたからのメッセージが届かなくなってるなんてことも…。

多忙で連絡できない

連絡したいにもかかわらず、忙しすぎて連絡できないという場合もあります。

いくら忙しかろうが連絡ぐらいできそうなものですが、業種によっては繁忙期には本当にその時間すら取れないことは実際にあります。

新しい浮気相手ができた

新しい浮気相手ができたので、連絡が途絶えた可能性もあります。

浮気をする男性は常に新しい浮気相手を探しているところがあります。このパターンは最悪ですが、これに該当するのであればきっぱりと別れるのが正解です。

「浮気相手に連絡したい!」と思ってもしばらくは控えよう

浮気相手と知り合って間もないとか、自分の方が愛情で勝っている状況だと、連絡したいという気持ちを抑えるのが難しいものですが、そこを我慢してしばらく連絡を控えた方が結果として、浮気相手との関係性を維持しやすいです。

連絡が減ったりなくなったりすれば焦るところですが、その場面で連絡し過ぎると、かえって浮気相手が逃げてしまいます。

奥さんや本命の彼女であれば、連絡がなくても関係性を維持しやすいですが、浮気の場合は連絡が途絶えれば事実上、お別れです。その状況にならないように、連絡したい気持ちを我慢しましょう。

駆け引きが大切!浮気相手から連絡がくる方法

浮気相手から連絡が来るように仕向けるには駆け引きが重要です。浮気相手の方から連絡したいと思わせることができるかどうかが勝負です。

自分からの連絡をやめる

浮気相手から連絡させるには自分からの連絡をやめることです。連絡をしないでいても、待っていれば連絡してくるとわかっていれば、あえて連絡するモチベーションが起きません。

自分から連絡したいという気持ちをグッと抑える必要があるので、我慢が必要になりますが、この方法は効果的です。

直接会ったときの魅力を高めておく

自分から連絡するのをやめることで、浮気相手と直接会う頻度が減ってしまうでしょうが、その少ない回数の中で自分の魅力をアピールして、浮気相手から連絡したいという気持ちになるように仕向けましょう。

そのためには、日頃から自分磨きなどが今まで以上に必要になります。しかし、この方法が浮気相手にかなり効きます。

追うのではなく、追われるようにする

連絡したいという気持ちは追う側の立場の感覚です。これを逆転して、追われる立場になれば、浮気相手の方から連絡せずにはおれません。

熱心な女性ほど相手の男に尽くしてしまいがちですが、意外にその方法は逆効果です。男は追われる立場になると安心してしまって連絡頻度が減る傾向が強いです。

浮気相手に「会いたい」と思わせる女性になろう

浮気相手からの連絡が減ると、このまま二人の関係が終わってしまうのではないかと不安になるかもしれませんが、追うほどに逃げるのが男の習性です。

この習性がわかっていれば、連絡したいという気持ちを我慢するほど、新鮮な関係が維持できるのがわかると思います。

実際に浮気相手にアピールするのは連絡頻度よりも、実際に会いたいと思わせる魅力です。魅力的であれば、浮気相手の方から寄ってきます。連絡頻度が減ったと不安になるのは、この順番を間違えていることとも関係しています。

浮気相手を引き付けるのは、最終的に自分の魅力であることを自覚して、自分磨きに励んで、自分が磁石になるようにしましょう。そうすれば、連絡したいという気持ちを抑えなくても、浮気相手から連絡がきます。

関連記事
浮気相手と旅行に行くときの嘘のつき方&注意点
浮気相手と別れる時のタイミングと注意点
急になぜ?浮気相手が音信不通になった理由と対処法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!