夫に浮気された!おすすめな対応方法

何となく疑っていた夫の浮気・・・または突然知った浮気など、信頼していたパートナーに裏切られたショックは大きいものです。

許すか離婚かの選択が待っているわけですが、夫との生活を続けていくことを決心した場合、気持ちを立て直して浮気された後の、おすすめな対応法についてご紹介していきます。

ショック!夫に浮気をされた

元々冷え切っていたような仮面夫婦ならまだしも、信頼していた夫に浮気されてしまうと、人間不信に陥ったり男性恐怖症にまで発展してしまう女性が少なくないのだとか。

結婚生活の長短に関わらず、浮気はその行為はもちろん今までの時間も嘘をついて裏切られてきたわけなので、相当なショックを受けます。

「男は浮気するものだ、遊びの浮気は大したことはない。」なんていう人もいますが、信じていた人に裏切られる辛さは本人にしか理解できませんよね。

耐える時間も必要

事実を知った後にまた一緒に今までと変わらない対応で生活をしていくのは凄くツライことですが、人の心の傷は時間がゆっくりと修復してくれます。この修復期間が長くなるのか短いかは人それぞれ。その過程をどうやって過ごすかにかかっています。

夫もあなたもすぐ以前のような関係には戻ることはなかなか難しいでしょう。時間がかかることを認めて、焦らないで気持ちを立て直していきましょう。


出典:pixabay.com

深く反省させる対応の仕方

浮気された傷つくのはこれっきりにして欲しい、浮気をした夫には十分深く反省して対応して欲しいですよね。

そこで、奥様達におすすめしたい浮気した旦那への対応の仕方があります。

対応の方法:何も言わない

不倫が確定して謝られても何も言わないでいてください。気づいていなかったふりではなく、謝っている夫に悲しい眼差しを向けるだけで、何も言わないのです。

それからこの日からは不倫という言葉も言わないようにします。


出典:pixabay.com

無言の対応で夫を悩ます

妻から思いっ切り問い詰められ文句を言われるだろうと腹をくくっていた夫は、予想していなかった無言の対応に驚くはずです。沈黙は相手を一番威圧する効果があります。

何も言わないなんて妻は一体何を考えているのか?と悩むことでしょう。悩んでいる間に後悔や反省の気持ちが生まれ、もう浮気はしないという決心に繋がることだってあります。悲しい眼差しを夫に向け続けてください。

許すときの対応の仕方

じっくり考え2人で話し合いもして離婚はしない、と決めたあなた。これからは何があっても不倫という言葉は使わないよう気を付けましょう。

この先、小さな夫婦喧嘩はするでしょうが、間違っても不倫した夫の話は持ち出さないことです。この覚悟は相当強い気持ちがないとできないので、かなりの決断力が必要になります。

固い絆で結ばれましょう

今は大変ですが、このように酸いも甘いも経験してきた2人が、固い絆で結ばれた本物の夫婦として完成するのかもしれません。辛くて悲しい浮気をされた気持ちは、時間が必ず解決してくれます。

その後の対応のやり方次第で本物の夫婦になれるかもしれないし、離婚するのかもしれません。これから先どんな人生を歩んでいきたいのか、慎重に考えてみて下さい。

浮気されたときにNGな対応とは?

浮気をされたら誰でもパートナーのことが信用できなくなり、疑い深くなってしまうものです。悲しみと怒りによって相手を責めたりののしる態度が多くなるかもしれません。

しかし、顔を合わせるたびに責められて嬉しい人などいません。夫はあなたと一緒にいることが苦痛なので、再び浮気相手のところへ行ってしまうかもしれません。やり直したい気持ちがあるなら、ツライですが夫を責めたり疑う素振りはきっぱり止めたほうがいいかもしれません。


出典:pixabay.com

さいごに

いかがでしたか?

浮気された憎しみ悲しみ怒りをいくらパートナーにぶつけてみても、辛いままです。離婚は簡単にできますが、関係を修復していくのはなかなか難しく、今しかできないことです。

いろんな気持ちが混ざって不安定でしょうが、また一緒に生活をしていこうと思うなら、今回ご紹介した方法を参考にしてみてください。

我慢したけどやっぱり無理だということもあると思います。ただこれからのあなたの人生をより良いものにするためにも、衝動的な離婚だけは避けて下さいね。

関連記事
夫の浮気防止におすすめな約束&守ってもらうコツ
夫の浮気を許すのは甘い!?浮気防止にもなる許し方

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!