【完全版】準備から注意点まで!浮気相手と直接対決する方法

彼や夫が浮気相手となかなか別れてくれないと、浮気相手の女性と直接対決しようと考える人もいるのではないでしょうか。

浮気相手と直接対決をするのであれば、しっかりと準備をして注意点を意識する必要があります。

そこで、彼が浮気をしている女と直接対決をするときの準備や注意点について説明します。ぜひ参考にしてください。

修羅場連発!?直接対決した女性の体験談

30代 パート

夫の浮気相手と直接対決をしました。直接対決をすると心の決めた日までに、浮気の証拠を集めて、今後浮気相手と夫が会わないという誓約書も作りました。

夫と浮気相手が会う日に尾行をし、2人がデートを楽しんでいる最中に乗り込みました。おしゃれなレストランで食事をしていたので、カフェに場所を変えて話し合いをしました。

浮気相手と夫は別れ、今後一切会わない・連絡をとらないという誓約書を書かせました

20代 フリーター

彼が浮気していることを知り、浮気相手に電話をして会う約束をしました。3人で話し合いましたが、かなりの修羅場でした

怒鳴り合い、たくさんの人に見られました。浮気相手と直接対決をするときは、公園など人目につかない場所で話し合いをしたほうがいいと思います。

なんとも興味深い修羅場です。彼の浮気相手の女性は許せませんよね。

直接対決に備えるための事前準備

直接対決に備えるための事前準備① 彼や夫に直接対決することを伝える

いきなり浮気相手と直接対決をしてしまうと、彼や夫はビックリしてしまいます。

彼や夫に何も言わずに浮気相手と直接対決をすることで、彼や夫に怒られてしまうかもしれません。

彼や夫とのトラブルを避けるために、浮気相手と直接対決をすることを前もって伝えておきましょう

直接対決に備えるための事前準備② 浮気の証拠を多く集める

浮気相手と直接対決をする日まで、たくさんの証拠を集めておきましょう

できるだけ多くの証拠を集めておくことで、浮気相手がどれだけ悪いことをしたのか責めることができます。またたくさんの証拠があると、慰謝料請求や誓約書を書かせるときにも役に立ちます。

直接対決に備えるための事前準備③ 慰謝料請求や誓約書などの準備をする

浮気相手と直接対決をしただけでは、本当に彼や夫と関係を終わりにしてくれるとは限りません。

彼や夫と関係を断ち切り、今後連絡をとったり会ったりしないように誓約書を書かせるようにしましょう

また夫婦であれば、慰謝料を請求できます。「タダで浮気相手を許すなんてできない!」と思っているのであれば、浮気相手に慰謝料請求をするといいでしょう。

浮気相手との直接対決におすすめの場所

浮気相手との直接対決におすすめの場所① 家

浮気相手の女性と直接対決をする際は、人目の気にならない家で話し合いをすることをおすすめします。

しかし家での話し合いは周りの目がないために、怒鳴り合いになったり揉み合いになったりすることも考えられます。

怒鳴り合いや揉み合いになってしまった場合、落ち着いて話ができないため話し合いが進みません。お互いに落ち着いた状態で話し合うようにしましょう。

浮気相手との直接対決におすすめの場所② 公園

あまり人のいない公園で話し合いをするのもいいでしょう。

しかし公園で慰謝料請求や誓約書を書かせる場合、夜だと暗くて書けない可能性があります。公園で慰謝料請求や誓約書を書かせるときは、明るい時間帯に話し合うようにしましょう。

浮気相手との直接対決におすすめの場所③ カフェ

浮気相手と直接対決をする場所として、カフェもおすすめです。

人目が気になりますが、人がいるからこそ落ち着いた状態で話し合いができます。「修羅場になりたくない!」「落ち着いて話がしたい!」と思っている人におすすめの場所と言えるでしょう。

浮気相手と直接対決をするときの注意点

浮気相手と直接対決をするときの注意点① 感情的にならない

浮気相手と直接対決をするときは、感情的にならないように注意しましょう。

感情的になってしまうと話し合いが進まず長時間対決することになったり、解決できなくなったりしてしまいます。

スムーズに話し合いが進むように、感情的にならずに落ち着いた気持ちで話し合うようにしましょう。

浮気相手と直接対決をするときの注意点② 浮気相手にどうして欲しいのかを伝える

浮気相手にどうして欲しいのかをきちんと伝えましょう

「彼・夫ともう会って欲しくない」など明確にどうして欲しいのかを伝えないと、浮気を繰り返されるかもしれません。

浮気相手と直接対決をするときの注意点③ 必ず彼や夫も同行する

浮気相手と2人だけで直接対決をするのではなく、彼や夫も同行するようにしましょう

彼や夫からも浮気相手に対して関係を断ち切ること、今後会わない約束を伝えることで浮気相手が諦めてくれる可能性があります。

直接対決後に気をつけること

直接対決後に気をつけること① 彼や夫との関係修復に務める

浮気をされても彼や夫とこれからも付き合っていくと決意したのであれば、修復関係に努めましょう。

一度裏切られてしまうと信用がなくなり、彼や夫のことを責めてしまいますよね。

しかし関係を修復するためには、彼や夫のことを責めずに今まで通り接する必要があります。

彼や夫のことを責め立てたくなるときは、1人の時間を作りストレスを発散するようにしましょう。

直接対決後に気をつけること② 彼や夫の行動を注意深く観察する

一度浮気をした男は、なんども浮気を繰り返す可能性が高いです。

また浮気をされないために、彼や夫の行動を注意深く観察しましょう。注意深く観察することで、彼や夫が観察されていることを感じ浮気をしなくなるかもしれません。

さいごに

彼や夫に「浮気相手と別れて欲しい」と伝えても、「本当に浮気相手と別れてくれたのかな?」と不安に思ってしまいますよね。

本当に浮気相手と別れさせたいのであれば、あなたと浮気相手が直接対決することをおすすめします。直接対決することで浮気相手が自重し、正式に別れてくれるかもしれません。

また直接対決をしているときに「今後いっさい、彼・夫と会わない」といった誓約書を書かせることで今後の浮気も防止できます。

関連記事
意外と多い!?ヒステリック女の8つの特徴
浮気防止!!浮気相手を遠ざける強力なおまじない
【浮気に悩む女性向け】男が浮気を辞めたいと思う瞬間&辞めるまでの心理

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード