離婚から復縁する方法が知りたい。きっかけやおすすめの期間

「離婚をしたけどやっぱり復縁したい…」そう考える方もいると思います。ですが離婚から復縁が成功する可能性は低いものです。

今回は離婚から復縁する方法をまとめてみました。離婚から復縁を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

低いけど諦めないで!離婚後に復縁できる可能性

結婚をするときよりも離婚をするときの方が、場合によっては時間もかかりますし精神的にも大変です。夫婦というものは、いつでも別れることができる恋愛をしているカップルではありません。

離婚に至る理由は様々だと思いますが、例えば浮気や不倫などで慰謝料が発生している場合や調停など揉めて離婚をした場合の復縁率は、極めて低いでしょう。

逆に喧嘩が理由で離婚したなど、未練が残っている場合は復縁の可能性もあると言えます。

どちらにしても離婚から復縁が成功する可能性は低いですが、本気で復縁をする気持ちがあるのであれば諦めないでください!

離婚から復縁するためのきっかけ

子供がきっかけになることが多い!

子供が小さいうちは、離婚がどういうことなのか理解をしていないことが普通です。

大きくなるにつれて「なんで僕にはお父さんがいないのかな?」「パパと一緒に暮らしたい」と、そんな子供の願いから復縁をする夫婦もいます。

また「母子家庭で育てて来たけど父親の助けも必要だ」「父子家庭で育てて来たけど母親の協力が必要だ」と感じ、子供がきっかけで復縁をする夫婦が多いです。

情がわいて復縁するケースも!

「何度も何度も元夫に復縁を迫られた」「嫌いになって離婚したわけじゃないから、もう一度一からやり直せるのなら…」と情がきっかけで復縁をする夫婦も少なくありません。

ただし、情がきっかけで復縁する夫婦は長続きしないと言われています。お互いに「もう二度と離婚はしない!」と固く決意をしてから復縁をしましょう。

誰でもできる!離婚から復縁するための方法

いつでも連絡がとれる状況にしておく

こちらから連絡をしたら必ず返信をしてくれる、逆に相手から連絡が来てもすぐに対応できる状況にしておくことが大切です。

すぐに連絡がとれる関係ということは、相手のことを憎んでいたり嫌悪感を抱いているわけではないと思うので、復縁の可能性はあるはずです。

離婚に対して家族や周囲の人が理解をしていること!

結婚や離婚は2人だけの問題ではありません。離婚の際にもお互いの両親や子供、周囲の人が理解をしていて、家族関係や知人関係が良好である必要があります。

離婚後も、交流があれば復縁もスムーズにいくかもしれません。

離婚からの復縁後は、周囲の人に信頼をしてもらえるように努力をしましょう。

成功率を上げたいなら離婚から復縁までの期間は半年がおすすめ

離婚から復縁までにどれくらいの期間がおすすめなのか、正しい答えはありません!

ですが、法律上では女性の再婚禁止期間は100日と言われていますので、それ以降であればいつ復縁してもいいと思いますが、しっかりと冷却期間を置き、離婚をした原因を理解し改善する努力をしましょう。

そして本当に復縁をする必要があるのか冷静に考え判断をしてください。離婚から復縁をするのであれば、半年くらいは時間をかけた方がいいと思います。

離婚後の復縁がうまくいくためのコツだってある

しっかりと話し合いをする!

「言いたいことが言えずに我慢し続けて来た…」「あのとき本当はこうして欲しかったけど、言えなかった…」些細なことかもしれませんが、こんな気持ちが積み重なると離婚問題につながります。

こうならないためにも、復縁してからは我慢せず言いたいことは言い、話し合いが必要なときは後回しにせず、しっかりと向き合い話し合う時間を設けるようにしましょう。

感謝の気持ちはもちろんですが、不満に思っていることや伝えたいことはしっかりと言葉で伝えるようにしましょう。

言葉のキャッチボールができていれば、喧嘩が多い夫婦でも離婚を回避することができるかもしれません。

離婚から復縁を望んでいる方も、気持ちを伝える努力をすれば復縁後の2人の関係も改善されていくきっかけになるのではないでしょうか?

復縁するきっかけは夫婦によって様々ありますので、いろいろ参考にし試してみてください。

関連記事
離婚後の復縁を成功させたい!再婚までのベストな復縁期間
離婚後の復縁はあり?なし?復縁のベストな冷却期間
離婚したくない!夫婦関係の6つの修復方法とは

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード