【占い師が説く】ルーン占いってどんな占い?意味ややり方は?

ルーン占いをご存知ですか?ルーン占いとは、ルーンという古代の文字を使って行う占いのこと。

知っていた方はかなりの占い好きですね。

どちらかというとマイナーな占いのルーン占い。すでに知っていた方も初めて聞いた、という方もこの記事を読んで興味を持っていただけるとうれしいなと感じます。

ルーン文字と占いの歴史

北欧の古代文字であったルーン。元々は占いや呪術のような目的ではなく、日常的な文字として使用されていました。

しかし、現代では見た目や一文字一文字に宿る力に注目されているようで、占いや護符のイメージが強いです。

最近は「ハリーポッター」や「アナと雪の女王」など有名な映画にも登場し、東洋の梵字のような魔力の宿る存在として、じわじわ有名になってきているように感じます。

ルーン占いはどんな事を占える?

ルーン占いは、占いの種類としては、タロットや易と同じく「卜術」(ぼくじゅつ)に所属します。

生年月日や血液型のような特定の情報に基づくことなく、偶然引いたカードなどの結果からその質問の答えを導きます。

恋愛、仕事、基本的に何でも占えますが、具体的な時期を占うのにはあまり向いていないかもしれません。

占い方は?

ルーンを使って占う場合、以下のような占い方があります。

・キャスティング
両手にルーンのチップ(木の板)を持ち、下に落とす方法です。落としたときのルーンチップの広がり方やどんなルーンが出ているかで占います。

・スプレッド
袋の中などにルーンの入ったストーンやチップを入れて取り出す、あるいはルーン文字のカードを引いて占います。この際、引く数は特に決まっていませんが、基本は一問一答。出たルーンを見て判断しましょう。

※キャスティングという素朴な占い方は正にルーンならではです。日本でも、「あーした天気になーれ」と言いながら履いていた下駄を放り投げるものがありますが、これもキャスティングの一種。

ただ、キャスティングは直観力なども要求されますので、ある程度リーディングが
出来るようになった上級者向きの占い方と言えます。

スプレッドならば初心者でも意味を調べながらでも占えますよ。

ルーンの種類

ルーンのアルファベットのことをフサルクと呼びます。

文字数にはいくつかバリエーションがあるのですが、ルーン占いの書籍や説明しているインターネットサイトを確認すると、以下の24文字が一般的なようです。

※余談ですが、私はルーンを33文字で習い、現在はそれを使用して占っています。文字数の多い少ないは関係ありません。納得する占い結果を出せるならば。

まとめ

以上、ルーン文字と占いについて簡単にご説明してきましたが、いかがでしょう?ルーンの画像を見て、改めて素朴ながらも不思議な魅力がある文字と感じます。

皆さんもご興味が沸いたらうれしいです。

参考までに私がルーン占いの解釈をする際に参考にしているサイトがありますので、ご紹介しておきますね。

すでにスピリチュアルの世界からは引退されてしまった方ですが、以下のサイトと書籍は私のルーンのバイブルとなっています。とても分かりやすく、切り口鋭い文章で、読んでいて気持ちがいいです。

ルーン魔女KAZのWeb

この記事を書いた占い師

タロティスト Luna

IT系サポートエンジニアから占い師に転身。
ルーン、タロット、手相、数秘術、ルノルマンカードなど幅広い占術を使用。

現在の活動
・占いアプリアルカナ
・「セレスの館」新百合ヶ丘OPA店、横浜みなとみらいランドマークプラザ店にて対面鑑定実施中
・個人鑑定実施中

関連記事
【霊能力者が説く】霊感占いってどういう意味?霊視のやり方は?
【霊能者が説く】遠隔ヒーリングってどういう占い?意味・やり方は
【占い師が伝授】東洋占いの基礎「陰陽五行」とは?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!