男女で違う!?結婚生活が冷める時期やきっかけは?

恋愛中に冷めずにいられたからこそ結婚したのに、ある日、夢から覚めるようにとつぜん相手に冷める瞬間がくるかもしれません。

結婚に冷める時期が男女で違うとしたら、それはどのようなときでしょうか?もしも相手が冷めるときが分かれば、うまく避けることもできそうですよね。

結婚に対して冷める時期を男女別に解説します。冷めてしまう理由とラブラブでいるための方法もあわせてご紹介します。

結婚が冷める時期は男女で違う!?

結婚しても冷める時期は来てしまいます。しかもその時期は男女によって違いがあるようです。

どんなに円満でも4〜5年で愛は冷めると言われていますが、いったい男女の違いとはどのようなものなのでしょうか。

男女別!結婚が冷める時期とは?

男が冷める時期・その1「自分以外の男を褒められたとき」

自分以外の男を褒められると、男性はストレスを感じます。一般人でなくても、アイドルやスポーツマンなど有名人を褒めても嫌がりますので、結婚したらあまり彼の前で他の男を褒めないように気を付けましょう。

男が冷める時期・その2「浮気を疑われたとき」

結婚すると浮気が気になる場合もあると思います。夜遅く、旦那さんが仕事で疲れて帰ってきたときにとつぜん浮気の疑いをかけられれば、誰でも冷めるでしょう。

仕事の大変さを理解して、いたわるべきシーンではいたわってから、本当に浮気を確信しているのであれば、確実に証拠を固めてから別のタイミングで切り出しましょう。

男が冷める時期・その3「しつこくされたとき」

仕事中や睡眠時間中に何度も邪魔をされると、男性はストレスを感じ、愛情も冷めていきます。

何か確認したいことがあっても、相手の状況をよく考えて配慮しましょう。

女が冷める時期・その1「大事にされていないと気付いたとき」

軽い気持ちでからかわれたり、大切に思っていることを無関心に返されると女性はスッと気持ちが冷めてしまいます。

また上から目線で否定されたり「どうせ女は〜」などのような言い方をされると、個人として尊重されていないと感じ、結婚したことを後悔するでしょう。

女が冷める時期・その2「家族を大事にしていないとき」

女性は家族の話に敏感で興味が無いふりをしていても、だいたいの相関図が頭に入っているものです。

家族をないがしろにする姿を見せてしまうと、夫としての信頼感が無くなり、結婚した自分も同じ家族という立場で、いつかないがしろにされてしまうに違いないと思われ、冷められてしまうでしょう。

女が冷める時期・その3「相手が尊敬できないとき」

タバコを吸う、酒を飲む、お風呂に入らないで臭い、仕事をしないなど一般的に良くないとされていることばかりしていると、女性は結婚を後悔し愛情も冷めてしまいます。

男女別!結婚して気持ちが冷める理由

男が冷める理由・その1【面倒くさい】

男性は面倒が嫌いなので、面倒なことを強制されると冷めてしまいます。毎日不満を言ったり、直すべき点を指摘され続けていると、はじめは素直に従っていても、ある日ストレスが満タンになって離婚したいと思われてしまうかもしれません。

男が冷める理由・その2【暗い気持ちにさせられる】

誰でも暗い人と一緒に生活するのは嫌なものです。妻に自分だけ不幸のような暗い顔で愚痴ばかり言われると男性はストレスを感じます。

何事も上手に処理して、明るく元気をな女性になれるよう努力しましょう。

男が冷める理由・その3【喧嘩ばかりしてしまう】

喧嘩をすると男性はストレスで愛情が冷めてきます。女性の恐ろしく歪んだ顔や大きな高い声などもストレスですが、なにより思いもよらない過去の話をとつぜん挟み込まれると理解が追いつかず、ストレスになってしまいます。

女が冷める理由・その1【人を馬鹿にする】

身体的特徴や人の不幸をあげつらって馬鹿にする男性は、決して格好良くは見えないものです。

女性は子供が生まれると道徳的な部分に敏感になってくるので、あまり酷いことばかり言うと一気に冷められる可能性があります。

女が冷める理由・その2【マナーを守らない】

ゴミのポイ捨てや、レストランでの食事の仕方が自分流すぎて汚いなど、マナーを守らない男性は嫌われるものです。

結婚すると男性には立派な父親として子供のお手本になってほしいと思う女性は多いので、マナー違反ばかりしていると軽蔑されて冷められてしまうでしょう。

女が冷める理由・その3【思いやりがない】

思いやりのない行動をとると、そこから女性はいろいろなサインを読み取ります。今現在の自分の立ち位置や将来の扱いなど、過去や未来まで一瞬で判断されてしまい、愛情も一気に冷めてしまうかもしれません。

男女別!気持ちが冷めたときの対処法

男側の気持ちが冷めたとき

男性は意外と付き合っている女性には寛容で、一瞬で嫌いになるということは少ないようです。愛しているし許したいけどだんだん冷めてしまう…というパターンが多く、喧嘩をするたびに実は少しずつ冷めているのです。

もし喧嘩をしてしまったら、決して過去のことは掘り返さず、今現在の喧嘩の本題をそれないよう、解決策に向けできるだけ建設的な話し合いをしましょう。男女の違いを理解して、自分の気持ちばかり伝えようとするのは控えると良いかもしれません。

女側の気持ちが冷めたとき

女性に嫌われると、もう理屈ではなく感情や生理的嫌悪になってしまうので、なかなか挽回は難しいかもしれません。

それでも、彼女が嫌がりそうなことをしない、身なりを綺麗にする、匂いに気をつける、レディファーストを意識するなど、基本的なことは改善したほうが良いでしょう。その部分は指摘を受けてないからといってスルーしていると、実は裏の判断基準として見られている場合もあります。

男女の違いを理解した上で、個人的な問題の解決に取り組むべきだと思います。

冷める前にいろいろ対策しよう!

いかがでしたか。男女の冷める時期にもいろいろな理由があることがおわかりいただけたかと思います。男女の違いをよく理解して、より良い結婚生活を送れるように気をつけてみましょう。

関連記事
彼氏に冷めた瞬間9選&冷める原因
急すぎ!浮気相手に冷める瞬間と理由
彼氏に冷めた!!マンネリする理由&対処法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!