結婚は忍耐と我慢だけではない!時には妥協も必要な理由

幸せいっぱいで結婚したはずが、夫婦生活を何年も続けているとさまざまな現実的出来事に直面し、夢が崩れていったという人は意外に多いようです。

どうしてそうなってしまうのか、知りたいと思いませんか?今回は結婚はときに妥協も必要になってくる理由についてお話しましょう。

結婚は忍耐や我慢という人が多いけれど...それって本当?

結婚は忍耐と妥協が必要だ、なんて話を一度くらいは耳にしたことがあると思いますが、それは本当なのでしょうか?さっそく深く掘り下げてみましょう。

共同生活から生まれるズレ

結婚をするとき、一緒に暮らすことにさまざまな期待を持ってしまうのは当然です。同棲をして夫婦生活を疑似体験したあとに結婚をすれば現実的な暮らしぶりが分かりますが、そうでない場合には理想と現実は違っていた…なんてことも起こりえます。

使った物を元の位置に戻さない、洋服は脱ぎっぱなし、靴を脱いだ後に揃えないなどなど、些細なことが毎日続てイライラが溜まるようです。育った環境が違う者同士が結婚するので、やはり忍耐や我慢、妥協が必要になってくるのかもしれません。

家事の負担が大きい

家事は女性がするものという考えを持った男性はまだまだたくさんいます。そのため、結婚後の家事をすべて女性に任せ、自分は部屋でコーヒーを飲みながらゆったりと読書をする旦那様だと女性側のストレスはどんどん溜まってしまいます。

手伝ってほしいけど、旦那の給料で生活できていると思うとなかなか言い出せない…という人は意外に多いようです。これも結婚が忍耐や我慢、妥協が必要だと言われる理由かもしれません。

親戚付き合いに疲れて

結婚をするとどうしても避けて通れないのが旦那様の実家との付き合いです。なんでも話せる間柄を築ける場合もあれば、その逆のパターンもあります。また、義理実家だけでなくその親戚や義兄弟との付き合いが発生することもあり、慣れない環境に我慢して足を運ぶ奥さんもいるでしょう。

旦那様のフォローがあれば何とか乗り切れそうですが、すべて奥さん任せの男性だと忍耐で乗り越えるしかありません。これも妥協が必要だと言われる要因だといえます。

結婚生活は忍耐と我慢であると考える妻の意見

ここでは実際に結婚をしている女性の生の声をご紹介しましょう。

40代・女性

一緒に生活している中で、言いたいことはたくさんあります。でも家庭が険悪な雰囲気になるのはイヤだし、子供にも良い影響はないから仕方なく我慢しています。忍耐力がないと他人と一緒に家庭を築くなんてできないと思います。

20代・女性

夫は家事を手伝ってくれるし家で過ごしているときはとくに我慢や忍耐をしているとは思いません。でも、夫の実家に行くと夫から息子に代わってしまい、全く手伝ってくれず義母の頼まれごとを全部一人でこなしています。「嫁に何でもやらせている家長のオレ」みたいな、男の見栄やプライドなのかも…。

結婚生活は妥協であると考える妻の意見

どこの家庭でも何かしらの我慢や忍耐はしているようです。次は妥協が必要だと感じている女性の意見を見てみましょう。

20代・女性

私は専業主婦をしているので夫の収入で生活をしています。そのこともあって、意見が食い違いうとどうしても自分のほうが妥協して折れることが多いです。夫はそのつもりはないかもしれませんが、何となく立場は上のような気がしています。

30代・女性

付き合っているときは自分の意思をしっかり持った素敵な男性に見えていたのですが、結婚後もそれが続くと自分の意見を曲げない頑固者という印象に…。向こうが全く折れないので私のほうが妥協して丸く収めますが、今は子供っぽく感じます。

妥協と我慢ばかりだと夫へのストレスがたまる一方!

日々の生活の中で我慢や忍耐、妥協を繰り返している女性たちはストレスが溜まっているはず。どうすればそうならないのでしょうか。

多くを求めすぎない

まず「こうしてほしい」「ああしてくれたいいのに…」という考えを変えてみましょう。相手がしてくれない部分ばかり意識していると同時にストレスも感じます。相手がしてくれていることに注目してみてください。

頑張って働いてくれている、笑顔で過ごしてくれている、挨拶をきちんとしてくれているといったように些細なことでも良いので見直してみましょう。

感謝の気持ちを忘れない

何より大切なのは感謝の気持ちを忘れないこと。人を変えることはできませんが、自分の考えは意識すれば少しずつ変えていくことができます。

あなたが感謝の気持ちを忘れずに笑顔で相手に接していれば、自然とその柔らかい雰囲気が相手に伝わってお互いに思いやりのある夫婦になれますよ。

我慢や忍耐の限界を感じたら…

頑張ってみたけれど、我慢も忍耐も限界だという場合は誰かに話を聞いてもらったり、ストレス発散をして気分転換をしてみましょう。旦那様と腹を割ってじっくり話し合うのも良い方法です。これを機会にお互いについてもっとよく知るきっかけにしましょう。

結婚生活を円満に送るなら時には妥協も必要

生まれも育ちも違う赤の他人との結婚は、どんなに好きになった人でも意見が合わなかったり思い通りにいかないことが出てきます。それは悪いことではなく、お互いをさらによく知る良いチャンスと捉えてみましょう。きっと2人の仲がさらに深まるチャンスになりますよ。

関連記事
覚悟が足りないと結婚後に後悔する!確実に幸せを掴む方法
焦って婚活して結婚は危険?後悔しない方法とは?
離婚したけど後悔!復縁する方法とは
彼と勢いで結婚をして既に後悔…離婚する確率とは?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!