みんなはどのくらい?男女の結婚までの平均交際期間

結婚をするカップルは、平均どのくらいの交際期間があるのでしょうか。

今回は、結婚をしたカップルの平均交際期間について紹介します。

また、平均交際期間と離婚率の関係の紹介もあるので、交際期間と結婚・離婚の関係を知りたい方は参考にしてみてください。

男性の結婚までの平均交際期間

世代によって平均交際期間が違う

男性の平均交際期間は、年代によって大きく変わります。

とくに20代と30代以上で大きな差があるのが特徴です。

20代の平均交際期間はおよそ2年

20代男性が結婚するまでの平均交際期間は、およそ2年です。

中には、交際期間が半年以下のスピード婚をする人や、5年以上交際をしてから結婚する人がいます。

男性の平均交際期間はおよそ2年ですが、結婚を意識するようになるまでの平均期間は1年程度とされています。

30代の平均交際期間は1年以下

30代になると結婚を前提に交際することが多いため、平均交際期間が1年以下になります。

20代の男性とくらべると、スピード婚をする男性がとても多いです。

女性の結婚までの平均交際期間

平均交際期間は世代によって違う

女性の平均交際期間は、男性とおなじように年代によって大きく変わってきます

とくに、30代以上の女性の平均交際期間が短いのが特徴です。

20代の平均交際期間は?

20代女性の平均交際期間は、男性と同じくおよそ2年です。

しかし、20代中盤までの方と20代後半の方では大きな差があります。

女性の中には「30歳までに結婚したい」というように、具体的に年齢を決めて結婚を目指している方が少なくありません。

そのため、20代後半で交際を始めた女性の方は、交際期間が短い傾向にあります。

30代の平均交際期間は1年以下

30代女性の平均交際期間は1年以下です。

とくに、子供が早くほしいと考えている女性ほど交際期間が短くなります。

結婚するのに交際期間は関係あるの?

交際期間が短いときのリスク

結婚するための交際期間は、カップルによってさまざまです。

しかし、交際期間があまりにも短いときは、おたがいの両親が心配をして結婚を認めてくれない可能性があります。

交際期間が短いということは、おたがいのことを深く理解する時間が少ないことを意味します。

そのため、「本当に信頼できる人か分からない」と心配してしまいます。

交際期間が長すぎるときのリスク

交際期間が長すぎるときは、おたがいが結婚をしないで一緒にいるのが当たり前になってしまいます。

そのため、結婚に踏み切れずにズルズルいってしまい、そうしている間に関係が悪化して別れることが少なくありません。

結婚までの交際期間と離婚の関係性

結婚までの交際期間の長さと離婚には相関関係があるとされています。

とくに、交際期間が短すぎるときは離婚のリスクが高くなります。

交際期間が短いときのリスク

交際期間が短いときは、おたがいのことを理解しきることができません。

そのため、結婚したあとにおたがいの悪い点に気づくケースがとても多いです。

おたがいに許せない点が見つかったときは、2人の関係が悪化してしまいます。

どうしても許せないのであれば、結婚生活を維持することができずに離婚することが多いです。

価値観が合わないことがある

交際期間が短いときはおたがいの価値観が合っていないことに気づけないことが多いです。

とくに、2人の金銭感覚にずれがあるときは、お金の使い方で喧嘩になりやすいです。

また、相手が浪費家だったりギャンブルが好きなことに気づけないときは、金銭トラブルが発生するケースが多いです。

場合によっては結婚生活が維持できないレベルのトラブルが発生して離婚してしまいます。

交際期間は人それぞれ!

交際期間の平均は、性別や年代によって違います。

また、同じ年代だったとしても交際期間の長さはさまざまです。

「1年交際したから早く結婚しなくてはいけない」と交際期間だけを理由に結婚を考えるのではなく、結婚をして幸せな生活を送れるかどうかを中心に考えましょう。

関連記事
遠距離恋愛から結婚までの平均期間は?続かせるコツ
いつまでにするべき?女性の結婚適齢期とは…
彼氏といつ結婚できるの?男性がプロポーズ意識するタイミング

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!