男性が思う結婚の決め手となった女性の行動&セリフ

「結婚したい」と思っていても、なかなかプロポーズをされないと「結婚できないのは私に原因があるのかな?」と思ってしまいますよね。

そこで、ここでは男性が思う結婚の決め手となった女性の行動と、セリフを紹介します。

男性に結婚を意識してほしい方は、ぜひ参考にしてみてください。

男性が思う結婚の決め手【行動編】

家事をしてくれたとき

男性は家事が苦手な人が多いため、女性が家事をしてくれると「結婚したらすべての家事をしてくれそう」「家事ができる女性と結婚したい」と思い、結婚の決め手になるそうです。

そのため、男性に結婚を意識してほしいときは、掃除や自炊をして家事が得意なことをアピールするといいでしょう。

看病してくれたとき

風邪などで1人で寝込んでいると、「辛い」「寂しい」と思いますよね。

看病してくれたことで「この人と結婚したい」と思い、結婚の決め手になります。

彼氏が風邪を引いているときは、看病するようにしましょう。

支えてくれたとき

仕事で辛いことがあったり、人間関係がうまくいかずに落ち込んでいるときは、男性でも「支えてほしい」と思うため、彼女が支えてくれたときが結婚の決め手となるそうです。

彼氏が辛い思いをしているときは、「なにかあったの?」「私にできることはある?」と積極的に支えるようにするといいでしょう。

男性が思う結婚の決め手【セリフ編】

「結婚したい」と言われたとき

彼女に「結婚したい」と言われると、「そろそろ結婚しようかな」「結婚しないと別れることになりそう…」と思い、結婚の決め手になることがあります。

彼氏がなかなか結婚を意識してくれないときは、結婚したいという気持ちを伝えてみるといいでしょう。

「妊娠した」と言われたとき

彼女に「妊娠した」と言われると、「結婚しないと」「俺の子供を産んでほしい」と思うため、結婚の決め手となります。

しかし、妊娠したと嘘をついて結婚をするのはよくないため、結婚したいからといって嘘はつかないようにしましょう。

「一生尽くす」と言われたとき

女性は男性に対して「尽くしてほしい」「幸せにしてほしい」と思いますが、それは男性も同じです。

そのため、彼女に「一生尽くす」「彼氏のことを幸せにしたい」と言われたことが結婚の決め手になることがあります。

結婚の決め手になった交際期間

2年以上

とある調査では、半数以上の方が「2年以上付き合って結婚をした」という結果が出ています。

その次に多いのが「1年以上2年未満」という回答です。

これらの結果から、結婚をする決め手となる交際期間は1年以上と言えるでしょう。

付き合ってすぐ

1年以上付き合ってから結婚を意識するカップルが多いですが、付き合ってすぐに結婚をするカップルもいます。

妊娠をしたり、お互いに「この人しかいない」と思っていることが決め手となり、短い期間で結婚をするのでしょう。

男性が結婚したいと思う女性とは?

家事が得意

男性は女性に対して「家事をしてほしい」という思いがあるため、家事が得意な女性ほど「結婚したい」と思ってもらえます。

家事が苦手な方は「毎週○曜日は掃除をする」「毎日自炊をする」と決めて、練習をするといいでしょう。

男性の気持ちを理解できる

男性は女性に対して、「気持ちをわかってほしい」「理解しほしい」と思っています。

男性の話は最後まで聞くようにして、否定せずに男性の気持ちを理解する女性になるように努めましょう。

そうすれば、「俺のことをわかってくれる」と思い結婚を意識してくれるかもしれません。

自由を尊重できる

男性は結婚をしても、「友達と遊びたい」「たまには1人の時間がほしい」と思っています。

そのため、「仕事が終わったらすぐに帰ってきてね」「毎週休日は夫婦で過ごそうね」など、束縛せずにお互いの自由を尊重するようにしましょう。

早くプロポーズされるように研究しよう!

「結婚をしたい」と思っていてもプロポーズをされない場合は、早くプロポーズをされるように彼氏のことを研究しましょう。

「彼氏が結婚をする決め手となることはなにか」「結婚したいと思われる女性にはどうすればなれるのか」といったことを研究して努力すれば、彼氏は結婚を意識するかもしれません。

関連記事
知っておこう!男性が結婚したい女性の条件まとめ
磨いておこう!結婚したいと思われるいい女の条件【見た目・性格・仕事】
いつでもお嫁に行けるのに!結婚したいのにできない理由とは

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!