このままで平気?遠距離恋愛を続ける意味があるのか判断する方法

遠距離恋愛をしているときに、「このまま遠距離恋愛を続ける意味があるのだろうか」と悩むことがあります。

遠距離恋愛を続ける意味があるのかどうかを判断する基準には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、遠距離恋愛を続ける意味があるのかを判断する方法を紹介するので、遠距離恋愛で悩んでいる方は参考にしてみてください。

遠距離恋愛はなかなか会えないし、続けるべき?

遠距離恋愛をしているときは、仕事が忙しかったり会いに行くのにお金がかかることから、なかなか2人で会うことができません

そうすることで、「遠距離恋愛を続ける意味があるか分からない」という悩みを持つ方がいます。

遠距離恋愛で悩みながら続けたとしても、結果的に別れてしまうケースが多いです。

遠距離恋愛を続けるかどうかは、2人の性格や状況を考えて決めることをおすすめします。

遠距離恋愛を続ける意味とは?

【遠距離恋愛を続ける意味1】結婚を考えているから

彼氏と結婚まで考えているときは、遠距離恋愛を続ける意味があります。

この場合は、結婚をするときに片方が仕事をやめて一緒になるケースが多いです。

結婚を目標にすることができるときは、遠距離恋愛の辛さを乗り越えやすいです。

【遠距離恋愛を続ける意味2】運命の相手だと思っているから

彼氏のことを運命の相手だと思っているときは、たとえ遠距離恋愛で会える頻度が少なくなったとしても、「彼氏と別れるわけにはいかない」という気持ちになります。

彼氏のことが本当に大切なときは、「別れたあとに後悔することになる」と考えるためです。

【遠距離恋愛を続ける意味3】遠距離恋愛の期間が決まっているから

「2年後に彼氏が戻ってくるのが確定している」というように、遠距離恋愛の期間がきっちり決まっているときは「彼氏がいない期間だけ我慢すればいい」という気持ちになるため、遠距離恋愛の辛さを乗り越えることができます。

遠距離恋愛が失敗する理由は、「付き合っていて意味があるのだろうか」と疑問に思うためです。

はっきりと遠距離恋愛が終わる時期が決まっていれば、彼氏を待つ意味があるため遠距離恋愛を続けることができます。

遠距離恋愛のメリット・デメリット

【遠距離恋愛のメリット1】自分の時間を作れる

遠距離恋愛をしているときは、おたがいが自分で自由にできる時間を作ることができます。

恋愛以外に趣味や仕事に没頭する時間を作れるため、1人の時間を楽しみたい方に大きなメリットとなります。

【遠距離恋愛のメリット2】マンネリ化を防ぐことができる

遠距離恋愛をしているときは、おたがいで過ごす時間が少なく成るため、2人の関係がマンネリ化しにくくなります

デートできる日が少ないため、一度のデートを真剣に楽しみやすくなります。

【遠距離恋愛のデメリット1】2人で会える頻度が少ない

遠距離恋愛をしていると、2人で会える頻度が少なくなります。

「いつも彼氏の愛情を感じていたい」というような性格の方は、彼氏と会えない寂しさに耐え切れずに、「遠距離恋愛を続ける意味が分からない」という気持ちになりやすいです。

【遠距離恋愛のデメリット2】浮気のリスクが高くなる

遠距離恋愛をしているときは、おたがいの状況を確認しにくくなります

そのため、浮気をされたとしても気づくことができません。

また、彼氏が遠くにいて寂しいときに目の前に素敵な男性が現れたときに、気持ちが弱い女性が浮気をするケースも多いです。

近距離恋愛との違い

近距離恋愛と遠距離恋愛の最大の違いは、2人で会う頻度です。

近距離恋愛をしているときは、毎週のようにデートをすることができます。

そのため、「いつも彼氏と一緒にいたい」というかたには遠距離恋愛が耐えられないことがあります。

しかし、自分の時間を作りたい方にとっては、遠距離恋愛がメリットになります。

「恋人に束縛されるのが苦手」という方にとっては、遠距離恋愛の方が合っていることがあります。

遠距離恋愛もいいことはたくさん!

遠距離恋愛には、近距離恋愛とは違うメリットがあります。

遠距離恋愛で「付き合い続ける意味があるだろうか」と悩んだときは、遠距離恋愛のメリットを理解して、恋人と一緒に乗り越えることをおすすめします。

関連記事
遠距離の彼氏が不安で仕方がない!遠距離カップルの長続きするコツ
遠距離恋愛が辛いと感じる瞬間&辛いときの対処法
遠距離恋愛に疲れたと感じる理由と対処法とは

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!