遠距離恋愛カップルの倦怠期の予兆&乗り越える方法

恋人との付き合いが長くなり、なれ合いのような関係になったときに倦怠期は訪れます。

遠距離恋愛中のカップルが倦怠期になると、連絡頻度が低くなり、自然消滅してしまう危険性があります。

今回は、恋愛カップルの倦怠期の予兆と、それを乗り越える方法を紹介します。

遠距離恋愛カップルの倦怠期の予兆

【倦怠期の予兆1】連絡頻度が下がる

遠距離恋愛での倦怠期の予兆として、もっとも多いのが、電話やSNSといった連絡頻度が低くなることです。

「それまで毎日連絡していたのに、だんだん頻度が低くなり、気が付いたら1週間に1回しか連絡がなくなった」という場合は、倦怠期が始まったと考えて間違いありません。

【倦怠期の予兆2】異性の話が多くなる

離ればなれで生活をしていると、どうしても異性との出会いが増えてきます。

異性の話を嬉しそうにしたり、褒めたりするような話が増えたときは、倦怠期の予兆である可能性があります。

【倦怠期の予兆3】次に会う約束をしなくなる

デートが終わったあと、次に会う約束をしなくなったときは、倦怠期の予兆の可能性があります。

「仕事で忙しい」「都合がつかない」といったさまざまな理由を付けて、デートの約束を避けているときは、注意してください。

【倦怠期の予兆4】返事がなくても執着してこない

ラインやSNSで返事をしないとき、相手が執着をしてこなかった場合は、倦怠期の予兆の可能性があります。

男性の性格にもよりますが、それまでは、「どうして返事をしないの?」と指摘していたタイプの男性が、執着しないときはとくに危険です。

遠距離恋愛カップルは倦怠期になることが多い?

普通の恋愛と比べて、2人があまり会えない遠距離恋愛は、倦怠期になる可能性が低いの考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、遠距離恋愛カップルでも、倦怠期になる可能性が十分にあります。

遠距離恋愛をしていても、連絡を取り合ったりしているうちに、徐々に相手のことを知り過ぎてしまうので、新鮮な気持ちがなくなってしまいます。

また、遠距離恋愛の場合はお互いの監視がないため、周囲の異性と仲良くなる可能性が高いです。

そのため、「新鮮な恋をしたい」といった気持ちが芽生えてしまい、倦怠期になる可能性があります。

遠距離恋愛カップルの倦怠期の乗り越え方

連絡を取り過ぎない

遠距離恋愛で倦怠期になる理由は、連絡を取っているうちに、お互いを知りすぎてしまうからです。

そのため、1日中ラインで連絡を取るといった、連絡の取り過ぎには注意しましょう。

遠距離恋愛では、お互いにコミュニケーションを取ることが大切ですが、1日に数回程度のペースにするようにしましょう。

過度な連絡の取りすぎには気をつけてください。

楽しいデートプランを考える

遠距離恋愛をしているときは、どうしても「会いたい」という気持ちが強くなります。

そのため、たまにしかないデートはとても楽しい気持ちになります。

しかし、倦怠期の時期になると、楽しいはずのデートもあまり楽しくないという気持ちになってしまいます。

せっかくのデートなので、2人で楽しめるデートプランを考えましょう。

デートが楽しければ、「やっぱり2人でいると楽しい」という気持ちになり、倦怠期を乗り越えることができます。

恋以外にも目を向けてみる

ずっと彼のことだけを考えていると、次第にそのことに慣れてしまい、倦怠期になる可能性があります。

恋以外の趣味や仕事に熱中することで、彼に対して飽きたと感じることが減っていき、倦怠期を乗り越えることができます。

倦怠期を乗り越えた遠距離恋愛カップルの話

遠距離恋愛も長くなり、次第に連絡頻度が低くなってしまいました。

デートの約束も減ってしまい、このままではだめになると感じました。

次のデートで、思いっきり彼に楽しんでもらおうと、デートプランを考え、普段はしないようなおしゃれをしました。

そのことで、彼も新鮮な気持ちになったのか、以前より仲良くなれた気がします。

さいごに

遠距離恋愛カップルの、倦怠期の予兆と乗り越え方を紹介しました。

遠距離恋愛でも倦怠期になる可能性があるため、しっかり対策をして、倦怠期を乗り越えましょう。

関連記事
遠距離恋愛が自然消滅する理由&阻止する方法
遠距離恋愛ってぶっちゃけ続く?続かない?続く派・続かない派の話
遠距離恋愛なら見て!別れやすいタイミングと失恋回避法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!