遠距離恋愛から結婚が決まった♡3つの準備すること

遠距離恋愛中の彼氏と結婚が決まったときに、「準備はどうしよう」と悩む方が多いです。

遠距離恋愛からの結婚をスムーズに進行するための準備は、どうすればいいのでしょうか。

今回は、遠距離から結婚が決まったときの3つの準備することを紹介します。

結婚の準備で悩んでいる方は参考にしてみてください。

遠距離から結婚!何から準備する?

結婚をするときは、さまざまな準備が必要になります。

一般的には2人で協力しながら一緒に準備をしますが、遠距離の場合はおたがいが住んでいる場所が離れているため、一緒に行動するのが難しいケースが多いです。

遠距離から結婚をするときは、役割分担できるものははっきりとどちらが担当するか決めておきましょう。

また、結婚をするときは仕事を辞める女性が多いです。

職場に迷惑がかからないように、職場に結婚することを報告することを忘れないようにしましょう。

連絡手段をしっかり作っておく

結婚の準備をしているときは、準備に忙しくて「マリッジブルー」になってしまう人が多いです。

そのため、2人で支えあうため連絡手段をしっかり作っておきましょう。

このときにおすすめなのがビデオ通話です。

おたがいの顔を見ながら話すことができるため、おたがいの気持ちが通じやすくなり喧嘩が少なくなるメリットがあります。

また、結婚式の内容を決めるときにカタログをビジュアルで相手に見せることができるため、遠距離で離れていても相談しやすくなります。

遠距離から結婚!準備すること①【入籍の準備】

遠距離恋愛中にプロポーズをされて結婚を決めたときは、両家へ挨拶をするとともに入籍の準備が必要です。

両家への挨拶は、たとえ遠距離だったとしても一緒に行動する必要があります。

そのため、挨拶から入籍までは日程を2人で話し合ってしっかり決めることが大切です。

また、入籍後には婚姻届けの提出や運転免許証・クレジットカード・銀行口座といったものの名義変更が必要になります。

結婚の準備は忙しくなるため、やるべきことはチェックリストを作っておいて、できるものから終わらせておきましょう。

遠距離から結婚!準備すること②【結婚式の準備】

結婚式の準備をするときは、式場に遠距離恋愛でおたがいが住んでいる場所が遠いことを伝えておきましょう

そうすることで、打ち合わせの回数を減らしたり、メールや電話での打ち合わせをメインにするというような対応をしてくれます。

また、結婚式の打ち合わせは1人で対応した遠距離カップルが多いです。

結婚式については両方が満足できるものが理想ですが、男性よりも女性のほうが結婚式に対するあこがれが強いです。

そのため、女性が中心となって結婚式の準備をすることでおたがいが満足できる可能性が高いです。

もちろん、結婚式の準備をしているうちに決めたことはすぐにパートナーに報告するようにしましょう。

予算が大きく変わるような内容であれば、決める前にパートナーに相談することでトラブルを回避できます。

ハネムーンの準備も必要

結婚式の準備とともに、ハネムーンの準備が必要です。

女性が結婚式の準備で忙しいときは、ハネムーンの準備は男性が担当するとスムーズに進みます。

おたがいが「どこへ行きたいか」「どんなことをしたいか」を話し合って、納得してからハネムーンの内容を決めましょう。

遠距離から結婚!準備すること③【新生活の準備】

遠距離から結婚をするときは、新生活の準備が必要です。

「どこへ住むのか」という点については、おたがいが納得できるまで話し合いましょう。

住む場所が決まれば、新しい家具や日用品を準備します。

また、住所変更の手続きや、電気やガスといったインフラの契約を忘れないようにして、スムーズに新生活へ移行できるようにすることが大切です。

結婚前に同棲するのもアリ

遠距離から結婚する前に、同棲しておくと新生活への移行がスムーズにいきます。

また、同棲をしていれば一般のカップルと同じように2人で協力しながら結婚の準備ができます。

2人で協力して結婚準備をしよう!

結婚の準備は、想像以上に大変です。

2人で協力して結婚準備をして、新生活へ備えましょう。

関連記事
遠距離恋愛から結婚したらどっちに住む?決めるポイント
離婚率はなんと2割!遠距離恋愛から結婚をするリスク
遠距離カップルの結婚が大変な理由&乗り越えるコツ

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!