気分は海外♫アメリカの縁起物5選

ウラッテ編集部

2017年07月21日更新

アメリカ合衆国は、ニューヨークやカリフォルニア、フロリダなど大きな州が密集した誰もが憧れる国です。

そんなアメリカには、縁起物と言われるアイテムがいくつかあります。

アメリカの縁起物をチェックして、アメリカ旅行に行った時などにゲットしてみましょう。良い運気を招いてくれるかもしれませんよ。

アメリカの縁起物は日本と違う!?

縁起物とは、世界各国にいろいろあります。その縁起物の定義も、共通している意味合いがあります。まず始めは、日本の縁起物とアメリカの縁起物の違いから見ていくことにしましょう。

日本の縁起物とは?

日本には、家内安全、夫婦円満、無病息災などの日にまつわる物などたくさんあります。

祭礼や縁日で、参拝者に販売する歴史的な背景のあるものも指しますが、それ以外に、食べ物や力士などの神の依り代になった人も縁起物と呼ばれているそうです。

アメリカの縁起物とは?


縁起物の定義に、その物をお家に飾って置いたり、それを身につけておいたりすると幸運が訪れたり、災難を避けられるといわれている物が縁起物となりますが、この定義は、日本もアメリカも変わりません。

しかし、その縁起物は、国によってその国の雰囲気を表しています。

次は、アメリカの縁起物を5つご紹介していきます。私たちが身近となっているアイテムもありました。

縁起物その1 ラビットフット


ラビットフットとは、ウサギの足に留め具をつけてキーホルダーにして持ち歩く、世界的にも有名な縁起物です。

本物のウサギの足をキーホルダーにしているので、先の方の毛をめくると中に爪が隠されているそうです。

ウサギは、多産である事や生命力が高いことから、繁栄のシンボルとされてきました。さらに、穴を掘る事から地下の精霊と交流があると言われています。

縁起物その2 豚

豚は、昔から縁起のいい動物とされてきました。飼育されている豚は、人間が食べ残した食べ物をエサとして食べて育ち、最終的に大きな富となります。

このことから、小銭を集めて大きなお金となる貯金箱に使われるようになったり、多産な動物あり、子宝に恵まれることから財産に恵まれるとも言われています。

縁起物その3 四葉のクローバー


アメリカの縁起物として有名な物の1つに、四葉のクローバーがあります。日本でも四葉のクローバーが、幸せのシンボルであることはよく知られています。

クローバーの4枚の葉には、名声、富、満ち足りた愛、健康の意味があり、全ての葉を合わせると真実の愛という意味合いになります。

四葉のクローバーは、身近なアクセサリーやハンカチなどの雑貨のデザインとしても取り入れられています。ただの可愛いモチーフだけでなく、幸せのシンボルとして身につけておくのもいいですね。

縁起物その4 モンキーブレッド

アメリカで縁起のいい食べ物として知られているのは、モンキーブレッドです。クリスマスケーキと同じように一般家庭で親しまれているお菓子です。モンキーブレッドは、シナモンやレーズン、くるみなどを使用し、リング状に作ったものです。

アメリカでは、ドーナツやベーグルなども同様にリングになっているので、輪(和)の意味合いがあります。

縁起物その5 ココペリ

世界中で、大昔に岩や石に絵を描いたのですが、これをペトログリフと言います。アメリカでも、ココペリというペトログリフが有名です。

ココペリのココは、インディアンのズニ族やホピ族の言葉で神様に由来します。このことから、幸福をもたらす神様と言われています。

このペトログリフをモチーフにしたアイテムは、世界各国にもたくさんあり、サイパンのボージョボーやインドのガネーシャもその1つと言われています。

さいごに


いかがでしたか?今回は、アメリカの縁起物をご紹介していきました。

動物をモチーフにした物や植物をモチーフにした物まで、日本でも知られている縁起物もあります。特に、クローバーは、ピアスやネックレスなどのデザインにも取り入れられています。

縁起物をさりげなく身につけて幸運をゲットしましょう。


最新記事をいち早くお届け!
友だち追加数

この記事が気に入ったらいいね!してね

恋や仕事がうまく行く最新情報をお届けします

ウラッテをLINEで友だち追加

関連キーワード